整体で首の治療を受けたら手がしびれてきたときの対処法

整体,手がしびれる,アイキャッチ

From:原田達矢

「首が痛くて整体で治療してもらったら、痛みが悪化して手がしびれてきました…。どうしたら良いですか?」

それを治療というのかはさておき、このブログには定期的にこのようなご相談があります。

せっかくご相談いただいても、実際に見せてもらわないことには正確な状態が分からないので、個別に対応はできないのですが、考えられる原因と対処法をまとめておきます。

もし整骨院や整体で首の治療を受けてから、痛みが悪化して腕や手にしびれが出てきたら、参考にしてみて下さい。

そもそも首が痛くなる原因は?

「なぜ首が痛くなるのか?」というそもそもの原因は、ざっくり言ってしまうと首が歪んでいるからです。

歪み方や歪む場所によっても、症状の強さや出方は違いますが、脳や心臓、肺などに疾患がなければ、ほぼ間違いはありません。

というのも、人間の頚椎(首の骨)の配列は、正面から見たときはまっすぐ一列に揃っていて、横から見たときは顔の方を向いて弓なりにカーブしているのが正常な状態です。

これは頭をまっすぐ体の中心で支えるとともに、カーブが首にかかる負担を吸収してくれるクッションのような役割をしています。

正常な首のレントゲン

人間の頭は意外と重たくて、成人の平均で約6kgあるといわれていますから、その細い首でボウリング玉ほどの重さを支えていることになります。

頚椎の配列がきれいに揃っていれば、なんとか首の力だけで頭を支えられるものの、首が歪んでしまうと自分で自分の頭を支えられなくなってしまいます。

そうすると、首の関節や筋肉はすぐに疲労を起こしますから、首に痛みを感じるようになります。

首が痛いときに整体を受ける意味はない

首や肩がこってきたりすると、整体やマッサージに行く人が多いですが、それもあまり意味はありません。

首や肩の筋肉がこってきて硬くなるのも、突き詰めていけば首が歪んでいるのが原因だからです。

首が歪んでいると自分で自分の頭を支えられなくなりますが、だからと言って生活をしている以上、頭を支えないわけにはいきません。

でも、歪んでいると首だけでは頭を支えられませんから、それをサポートするために周辺の筋肉に大きな負担が掛かるようになります。

胸郭出口症候群,レントゲン,サンプルとカイホティック

つまり、首や肩の筋肉が硬くなって痛みが出るのも、歪んだ首を助けるための代償的な反応なのです。

それなのに歪んでいる骨を戻さないで周りの筋肉だけをほぐしていても、歪んだままの首を助けないといけませんから、すぐにまた筋肉が硬くなって痛みが出るようになります。

表面的な筋肉の緊張を緩めれば、整体やマッサージでも一時的な症状の緩和は出来るかもしれませんが、首の歪みという根本的な問題が残っているかぎり、根本的な治癒には至らないでしょう。

手がしびれるのも歪んだ骨が神経に影響するから

首には頭を支えるほかにも、神経を保護する役割があります。

神経の始まりは脳から出ている脊髄で、それが背骨の中にある脊柱管という空洞を通って腰まで下りてきます。

椎間孔と脊柱管

骨は言ってみてれば神経を保護しているハードケースのようなものなので、カバー自体が歪んでしまうとなかに収納されている神経も、必然的にその影響を受けるようになります。

そうすると、歪んだ骨に圧迫された神経は、炎症を起こして痛みやしびれを引き起こすようになります。

整体を受けると首の痛みが悪化する理由

そもそも論ですが、整体は施術者の経験や勘によるところが大きく、施術に対する科学的な裏付けがほとんどありません。

こういう症状はこういう施術をしたら良くなった、という経験の積み重ねでしかないので、客観的なデータが何もないんですよね。

例えば、先で首の痛みは骨の歪みが原因だと言いましたが、「首が痛い」と言ってもその歪み方は人それぞれで、同じような症状だからといって、同じような歪み方をしているとはかぎりません。

背中の痛み,こり,首の痛み,頚椎症

首の痛み訴える人のなかには、もう骨の変形が進んでしまっていたり、骨の間隔が狭くなっているような人もいます。

そういう情報は、いくら詳しく問診をしても、どれだけ慎重に触診をしても、体表からでは確認することはできないので、実際に体のなかを見てみるしかありません。

しかし、人間の体は機械のように、簡単に開けてなかを覗くことはできないですから、レントゲンやMRIのような画像診断装置で、体のなかの状態を客観的な画像データとして変換する必要があります。

この情報もなく、むやみに変形したり間隔が狭くなっている首を触ると、簡単に人間の体なんて壊れてしまいます。

変形している首を触られるときは慎重に

首が歪んでいるからと言って、すぐに痛みが出てくるわけではなくて、症状が出てくるまでにはいろいろな要素があります。

ですから、首の痛みが自覚症状として出てきたときには、すでに首の歪みが進行してしまって、骨が変形していることも多いです。

骨の変形が進行すると、関節面の形も変形してしまいますから、本当に首の動きが悪くなります。

そんなものをレントゲンも撮らずに、動きが悪いからと言ってバキッと矯正してしまうと、変形した関節に炎症が起きて痛みが強くなります。

さらに、関節の変形が進んでいるところは、たいてい骨と骨の間隔が狭くなっているので、神経の通り道も狭くなっています。

変形した関節を無理に動かしたりすると、神経にも炎症が広がって、腕や手にしびれが出てくることもあるでしょう。

そうでなくても首には神経だけではなく、脳に血液を送る血管、自律神経の中枢である脳幹など、重要な組織が集まっていますから、治療を受けるときはもう少し慎重に考えたほうが良いです。

手にしびれが出てきたときの対処法

もし手にしびれが出てしまっている場合、すでに神経が炎症を起こしてしまっているので、自分で出来ることはアイシングくらいしかありません。

冷やすときもシップでは冷却効果が弱いので、ビニール袋に氷と少量の水をいれて氷嚢ひょうのうのようなものを作り、直接患部に10~15分ほど当てて冷やすようにしましょう。

とはいえ、仮にそれでしびれが治まったとしても、根本的な原因を取り除かなかったらいずれ再発しますから、やはりきちんと治しきったほうが良いでしょう。

ペインクリニックでブロック注射を打ってもらいましょう

ペインクリニックとは、おもに局所麻酔薬を神経の支配領域に注射して、症状の緩和をはかる痛みに対する専門的な治療です。

手がしびれる場合は星状神経節せいじょうしんけいせつブロックといって、首の付け根にある神経の塊に局所麻酔薬を注入し、神経伝達を遮断してしまうことが多いと思います。

そうすることにより、麻酔の効果で交感神経の働きが抑えられますから、痛みやしびれが和らいでいきます。

星状神経節

また、交感神経の興奮が抑えられることにより、相対的に副交感神経の働きが活発になって、神経の支配領域への血流が増加します。

麻酔の効果で痛みの緩和をはかるとともに、血流増加作用なども利用しながら、ダメージを受けて炎症を起こした神経組織の回復を促進させます。

注射なので多少の痛みはあると思いますが、手のしびれが強いならリハビリなんてしている場合ではありません。

あなたが住んでいる地名と「ペインクリニック」などのキーワードで検索して、評判の良い麻酔科の先生に治療をしてもらいましょう。

正しい方法で首の歪みを矯正しましょう

整体で首を触られてから手がしびれてきたという人は、だいたいレントゲンも撮らずに無茶な矯正を受けていることが多いです。

首が痛いのは骨が歪んでいるのが原因ですが、手当たり次第に骨を動かせば良いわけではありません。

歪んでしまった骨を元の位置に戻すわけですから、

  • どの骨が歪んでいるのか?
  • どれだけ歪んでいるのか?

という情報がなければ、「どう戻せば良いか?」が分かりません。

手で触っても骨の状態がわからないように、骨がどう歪んでいるかもレントゲンを撮らないと確実なことは分かりません。

この情報もなしに骨を矯正しようとすると、間違った方向に矯正してしまうこともありますから、良くなるどころか新しい歪みが出来る可能性のほうが高いです。

整体で悪化する

そうなると元からあった歪みにプラスして、新しい歪みが加えられますから、より歪みが複雑化して症状が悪化するのは、当然の結果だともいえます。

つまり、元から歪んでいた骨に手を加えられて、新しい人工的な骨の歪みを作られたというのが、整体に行って首の痛みや手の痺れが悪化する一番の理由です。

とはいえ、それが人工的に作られた歪みだとしても、治すためには矯正をする以外に方法がありません。

信頼できそうなところを見つけて、今度は正しい方法で歪んだ骨を矯正してもらってください。

まとめ

いまさら言っても仕方ありませんが、整骨院や整体の施術には科学的な裏付けがありませんし、話を聞いているとむちゃくちゃなことをしている所も多いです。

治してもらおうとして行ったのに、悪化させられてしてしまうと、腹も立つでしょうし、途方にくれてしまうかもしれませんが、まずは体のことが第一です。

嘆いていても手のしびれは治まりませんから、次善策を見つけて対処しましょう。

もし骨格矯正用のレントゲンを撮っていただければ、現在の状態に加えて今後の経過などの具体的なアドバイスも出来ますから、よければ一度ご相談ください。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する