病院に行っても『異常なし』と診断される原因不明の痛みの正体

病院,異常なし

From:原田達矢

首が痛いとか、腰が痛いとか、、、

まあまあいろんな症状があると思うんですけど、何が困るかっていうと『原因が分からない』ってことだと思います。

というのも、べつに自慢するわけでもないんですけど、うちでは重症の人が多くて、『脳外科に行ったけど原因が分からんかった…』とかっていう人が多いです。

そこらへんの整体とかで問題が解決している人は、わざわざうちまで来ないので。

で、これって症状が辛いっていうのも問題なんですけど、それよりももっと問題なのは、『原因が分からない』っていうことなんですよね。本当は。

だって、原因が分からなければ、治す方法も分からないので。

でも症状があるわけなので、原因はあるんですよね。見つけられていないだけで。

ということで、この記事では『いろんな医療機関に掛かったけど原因が分からなかった…』っていう、あなたのために、『それってこういうことやで!』っていうのをお伝えしていこうと思います。

藁にもすがる思いのあなたに、パラダイムシフトを起こしてもらえればいいかな、と思います。

病院ではあなたの症状の原因が見つからない理由

レントゲンとかMRIとか、はてには血液検査まで思いつく限り検査をやったけど、症状の原因が見つからない人っているんですよね。

うちにもそんな人はよく来られますし。

それは病院の検査ではすり抜けてくる問題があるから

例えば病院でレントゲンを撮ったとします。

で、その時に何を見ているかっていると、主にこんなところです。

  • 骨に腫瘍はないか?
  • 骨折はしていないか?
  • 骨の隙間はきちんとあるか?

この辺に問題が見つかれば、病院でも原因はわかるんですけど。

それでも、なんで病院の検査で異常が見つからないかというと、理由はめっちゃ単純で…

ほんまにどこにも異常はないからです。

とはいえ、病院の検査では異常が見つからなかったって言うだけで、原因はきちんとあります。

その原因が、病院の検査ではすり抜けてくるだけで。

結論から言うと、病院の検査で異常が見つからないのは、『骨格の歪み』が原因だから

骨格の歪みって、いろいろな症状を引き起こす原因にはなるんですけど、『病気じゃない』ので病院の検査では引っ掛からないんですよね。

だから骨が歪んでいても、病理的な疾患がなければ、病院では異常なしって言われます。たとえ首やら腰が死ぬほど痛くても…

うちで重症の人が多いっていうのも単純な話で、病院では原因が見つからなかった『骨が歪んでいる人』ばっかり来てくれるから。って言うだけの話です。

完全なるスキマ産業ですね(笑)

そもそも、病院の検査で異常が見つかるような症状は、矯正治療なんてやっている場合でも無いですしね。

そんな時に見るのは『骨が正しい位置にあるか?』ってこと

病院では骨に異常はないか? とか、脳や内臓に疾患はないか? っていうのは見てもらえるんですけど、『骨が正しい位置にあるか?』っていうのは見てくれないんですよね。

肩こりや腰痛、ヘルニアといったところで、『どこの骨がどう歪んでいるか?』っていう問題だけなので、『自分の骨が正しい位置にあるか?』っていうのはめっちゃ重要です。

骨の正しい位置:『首の骨』編

首の歪み

使い回しのレントゲンで申し訳ないんですけど、首の骨って正面から見た時に、体の正中線上で一直線で揃っていないとだめなんですよね。

これが歪んでしまって、正しい位置から骨が外れてしまうと、頭を体の中心で支えられなくなります。

そうするとなぜ肩こり解消法は効果がないのか?ひどすぎる肩こりに悩むあなたに知ってほしいちょっと深い話って言う記事にも詳しく書いたのですが、、、

首に負担がかかるようになるので、首や肩の筋肉がこってきて、首・肩こりや背中の痛みが出たり、首から出ている神経が圧迫されて手がしびれる様になったりします。

あとは細かく、どこの骨がどう歪んでいるか? によって出てくる症状の種類や場所が変わってきますので、あなたの骨はどうなっているか? っていう話ですね。

でもこれは、骨折しているわけでもないし、骨に腫瘍ができているわけでもないので、病院の検査では特に何も言われません。

正しい骨の位置:『骨盤の歪み』編

LP素材2

骨盤の役割はバランスよく上半身の重みを受け止めることなので、こんな感じで骨盤が傾いてしまうと、片側に荷重が集中してしまって腰痛の原因になります。

で、名医を探す前に知っておきたい椎間板ヘルニアの原因と治療法っていう記事に詳しく書いたんですけど、、、

こんな状態を放ったらかしにしていると、椎間板が歪んだ骨に押し出されて、最悪の場合、腰椎椎間板ヘルニアに移行していきます。

これも骨は歪んでいますけど、疾患があるわけではないので、病院ではスルーされます。

ちなみに、骨盤の歪みは先天的な形態異常で歪んでいる場合もあるし、なにか別の問題の補正のために代償的に歪んでいる場合もあるので、きちんと骨格矯正用のレントゲンを撮って確認するようにしてください。

整骨院とか整体で、レントゲンも撮ってないのに『骨盤が歪んでる』とか言われても、信用したらだめですよ。

原因がないって事はない

この記事ではザックリとしたことだけご紹介しましたが、本当はレントゲンを使った骨格の分析を、もっと詳細にする必要はあります。

どっか痛いっていうんやったら、どこにも異常がないってことはないですよね。

原因と結果の法則なので、何か症状があるっていうんやったら、必ず原因はあるはずです。ただそれが病院の検査では引っ掛からなかった、っていうだけで…

そんな時は、ほぼほぼ『骨格の歪み』が原因です。

もしあなたが『いろんな医療機関に掛かったけど原因が分からなかった…』っていうんやったら、こんな感じでちょっと違う視点で考えてもらえれば、意外と簡単に解決策が見つかりそうじゃないですか?

レポートの無料ダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

メルマガcta

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

レポートを無料で受け取る

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する