変形性頚椎症の治療には限界がある!首に骨棘ができる原因と今すぐ対処するべき理由

変形性頚椎症,首の変形,アイキャッチ

From:原田達矢

首が痛くて病院でレントゲンを撮ってみたら、「骨が変形している」と言われたことはありませんか?

変形性頚椎症などと呼ばれたりもしますが、首の骨に変形が始まると関節に炎症が起きて、痛みや違和感を感じるようになります。

また骨の変形が進行すると、『骨棘こつきょく』といわれる、トゲ状に変形した骨が形成されることがあり、そのトゲが神経に触ると首の痛みだけではなく、腕の痛みやしびれ、握力低下などを引き起こします。

ただ現実問題として、骨の変形は打ち身や擦り傷とは性質が違うので、一度変形してしまった骨は元に戻らないし、変形の原因を取り除かなければ、時間の経過とともに悪化するだけです。

そこでこの記事では、すでに首の骨が変形していると言われてしまったあなたのために、首の骨が変形してしまう原因を解説して、さらにその治療法もご紹介していきます。

首の骨に変形が起きているのなら、もう後はありません。手遅れになる前に、適切な治療を受けましょう。

首の骨が変形し、骨棘が形成される理由

人間の体は同じところに負担が掛かり続けると、その負担から自分を守るために、防御反応が働くようになっています。

分かりやすいので言えば、「靴ずれ」とかでしょうか。足に合わない靴で歩き回っていると、足と靴が擦れてしまって痛みを感じるようになりますよね。

それでも我慢して歩き続けていると、摩擦に耐えられるように足の皮が固く分厚くなり、タコができて皮膚を守ろうとします。

骨の場合も同じで、一つの場所に負担がかかり続けていたら、その負担から自分を守るために、骨が隆起してきて新しい骨を形成します。

背中の痛み,こり,首の痛み,頚椎症

ただ骨の変形が足のタコと違うところは、関節内に新しい骨ができてしまったら、関節の運動を妨げて痛みや違和感の原因になりますし、新しい骨が神経の通り道を塞いでしまったら、腕や手のしびれの原因になってしまうことです。

首に断続的な負担がかかり続けると、椎間板が摩耗してしまう

関節を構成する骨の表面は、軟骨で覆われています。

首の骨であれば、関節の動きを滑らかにするために骨の表面が滑膜で覆われており、さらに首にかかる負担や衝撃を吸収するために、椎間板と呼ばれるクッション組織を挟み込むような構造になっています。

しかし断続的な負担がかかり続けると、クッションがヘタってくるのと同じように、椎間板も疲弊して柔軟性がなくなり、すり減ってきます。

変形性頚椎症

そうすると首の関節に炎症が起きてしまいますから、この状況をから自分を守るために、首の骨が変形して新しい骨を形成します。

これが簡単な、首の骨が変形してしまう理由です。

首の骨が変形することで引き起こされる症状

自分を守るために作ったはずの新しい骨なのですが、首の周辺には重要な神経や血管がたくさん集まっているので、骨の変形が周囲に影響してさまざまな症状を引き起こします。

首の違和感

本来、首の関節面は滑らかなのですが、関節内に新しい骨が出来てしまうと、関節面がザラザラになってしまいます。

そうすると、スムーズな関節の動きが妨げられてしまいますので、首に違和感を感じるようになります。

とくに、首を回したりするときに、引っかかるような違和感を訴える人が多いでしょうか。

首の痛み

スムーズな首の動きが妨げられてしまうと、いずれ関節内に炎症が起きてしまいます。

炎症が強くなってくると、首の関節だけでなく周囲の血管にも炎症が拡がりますから、ズキズキとうずくような痛みを感じるようになります。

腕・手のしびれ

首の骨に起こる変形の中でも、トゲ状に変形してくる骨のことを、『骨棘こつきょく』と呼びます。

首には神経の大元である脊髄も通っていますし、首の骨と骨の間からは腕や手にいく神経が出ています。

ですので、骨棘こつきょくが脊髄の通路を塞いでしまい、脊髄を触ってしまったときには、首の痛みだけではなく、腕や手の痛み、だるさの原因になります。

頚椎症

そのまま変形が進行して、骨棘こつきょくが脊柱管の中にまで飛び出して脊髄にさらに強く当たってしまうと、今度は痛みに加えてしびれが出てくるようになります。

しかも手の神経伝達も悪くなりますから、指先の感覚が鈍くなって細かい作業をしにくくなったり、握力が低下して物を掴みにくくなったりすることが多いです。

なぜ骨が変形するほどの負担が首にかかり続けるのでしょうか?

ここまで首の骨が変形する理由をご説明してきました。

ですが、それよりも大事なのは『なぜあなたの首には骨が変形するほどの負担がかかり続けているのか?』という問題です。

この原因を取り除かないかぎり、骨は負担に耐えるために変形を続けるでしょうし、負担がかかり続けているかぎり、首の痛みも改善しないでしょう。

自分の頭を支えるために首には常にストレスがかかっている

人間の頭はかなり重たくて、成人の平均で約6.35kgの重量があるといわれています。

人はその重たい頭を頚椎(首の骨)の上に乗せて支えるような構造になっていますから、否応なく首にはその分の重量がかかります。

頚椎

イメージとしては首の上にボーリング玉を乗せて、手を使わずに首だけでバランスをとるような感じでしょうか。けっこう大変そうじゃないですか?

とはいえ、ある程度は首に負担がかかることを想定した構造になっていますから、首に異常がなければ頭を支えることにそれほど支障はありません。

頚椎(首の骨)が歪むと負担を逃がせなくなり、関節にかかるストレスが増大する

本来、人間の首は横から見ると、顔の方を向いて弓なりにカーブをしていて、このカーブが適度にしなりながら首にかかる負担や衝撃を逃してくれる、サスペンションのような役割をしています。

ボーリング玉ほどの重さがある頭を、首だけで支えられる秘密がこれです。

ですが、このレントゲンのように首のカーブが崩れてしまうと、サスペンションが効かなくなり、首にかかる負担を受け流せなくなります。

変形性頚椎症

そうすると、首の関節にもろに負担がかかるようになりますから、関節に炎症が起きて痛みや違和感を感じるようになります。

そして、過度の負担にさらされ続けた骨は自分を守ろうとして、新しい骨を増殖させて変形していきます。

変形性頚椎症の原因が「加齢」だという認識は間違っている

病院で診察を受けたりすると、「加齢ですね…」と言われることが多いと思います。インターネットで検索しても、だいたい同じようなことが書いているでしょう。

でも、それは間違った情報ですから、そんなことを真に受けて諦めないようにしましょう。

もちろん、年齢が上がるに連れて骨の密度は低下しますから、変形を起こしやすいのは間違いありません。

ですが、首の骨が変形しているのは、たいてい7つある首の骨のうち2~3個ぐらいのものです。それも、負担のかかっている部分だけ。

一部の骨の特定の場所にだけ集中して骨の変形が起こるのは、そこにだけ負担をかけている原因があるからで、それが『頚椎(首の骨)の歪み』です。

加齢が原因であれば、7つの骨ですべて同じように、変形が起きていないとおかしいでしょう?

首にかかる負担を取り除いて、骨の変形を止めましょう

残念ながら、一度変形してしまった骨は元に戻りませんが、進行を止めてあげないとそのまま悪化するだけです。

変形が進行すれば関節の状態はさらに悪くなりますから、痛みもますます強くなるでしょう。

そうならないように首の骨に負担をかけている骨の歪みを矯正して、崩れた首のカーブを回復させてあげてください。

頚椎症プレポス

そうすれば、首にかかっていた負担が分散されますから、関節の炎症も治まって、痛みや違和感も解消されていきます。

ただし「癒合」したら手遅れなので、そうなる前に治療を始めてください

一度骨の変形が始まると、骨の変形自体が負担になりますから、変形が変形を招いて最終的には形が崩れた骨同士がくっついて癒合ゆごうします。

こうなると、いよいよ何も打つ手がなくなりますから、骨が癒合する前に治療を受けるようにしましょう。

矯正治療はあくまでも、歪んだ骨の位置を元に戻すためのものです。くっついてしまった骨をいくら動かそうとしても、もう動きません、、、

癒合サンプル

事実、うちでも頚椎症の新規クライアントに10人来てもらうと、2~3人ぐらいは骨が癒合して手遅れなので、30%ぐらいの人は矯正をお断りしているような状態です。

こうなると、『原因は分かっているけど、治す方法がない』という一番悲しい結果になります。

『どうしようもなくなってからでは手遅れ』ということも、実際によくあることなので、もしあなたも首の骨に変形が始まっているのなら、もうあまり時間の猶予はないかもしれません。

さいごに

骨は変形したらそれで終わりではなくて、時間の経過とともに確実に悪化していきます。

整体やマッサージのようなその場しのぎの対症療法でも、一時的な痛みの軽減ならできるかもしれませんが、変形を引き起こしているそもそもの原因を取り除かないかぎり、悪化をくい止めることはできません。

それに、もし首の変形が悪化して死ぬほど首が痛くなっても、首の痛みが原因で死ぬことは出来ません。

そうなれば残りの人生は、「死ぬほど痛い首の痛みに耐えながら生きる」という選択肢しかなくなってしまいます。そんな人生では何をしても楽しいことはないでしょう。

手遅れになってから「知らんかった…」と、後悔をしても取り返しはつきません。

もしあなたが変形性頚椎症で困っていて、その場しのぎではなく、根本的な解決を希望される場合は、いますぐ当院までご相談ください。

ご相談はこちらから

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する