頸肩腕症候群はストレートネックが原因!肩こりと腕のだるさの根本的な治療法

頸肩腕症候群,肩こり,アイキャッチ

From:原田達矢

肩こりがひどくて整形外科で診てもらったら、「頸肩腕症候群けいけんわんしょうこうぐん」と言われた経験はないですか?

ときには休職を余儀なくされるほど、強い症状まで悪化する疾患ですが、はっきりとした原因が特定しにくいため、具体的な治療法が見つからずに困っている人も多いでしょう。

どうしても、痛み止めの薬で症状をごまかしたり、鍼灸やマッサージに通って気休め程度に筋肉のコリをほぐすぐらいしか対処法がないのが現状です。

ですが、頸肩腕症候群の原因を突き詰めて考えると、首がストレートネックになっている、というかなり単純な理由です。

あとは、いかにそれに気づいて取り除くことができるか、というのが問題になってきます。

そこで、ストレートネックになると頸肩腕症候群を発症しやすい理由と、その場合の根本的な治療法について解説をしていきます。

整形外科で頸肩腕症候群と診断された人は、ぜひ参考にしてみてください。

頸肩腕症候群はただの除外診断にすぎない

頸肩腕症候群とは、首、肩、背中(肩甲骨)などのこりや痛み、腕のだるさやしびれなどを訴えるにも関わらず、はっきりした診断を付けにくい症状の総称です。

強い症状を訴えるわりには、椎間板ヘルニアでもないし…変形性頚椎症でもないし…というようなときに付けられる病名で、特定の疾患を指すわけではありません。

背中の痛み,こり,首の痛み,頚椎症

つまり、症状の原因がはっきりせず、あれでもない、これでもない、となったときに頸肩腕症候群とひとくくりに呼ばれます。

病院で「頸肩腕症候群」なんて診断されてしまうと、重篤な疾患のような気がするかもしれませんが、単なる除外診断でしかありません。

除外診断とは
はっきりとした原因が見つからず、診断のつけにくい症状に対して、可能性のない病気を除外していくことで、最終的な診断名を決定すること。

ストレートネックが頸肩腕症候群の原因になるのはなぜ?

頸肩腕症候群の原因を端的に言ってしまうと、ストレートネックです。

人の首は横から見ると、顔の方を向いて弓なりにカーブしています。

人間の頭は成人で約6kgの重さ(ボウリングの玉ぐらい)ですが、このカーブが頭部を体の中心でバランスよく支え、首にかかる負担も吸収しています。

頸肩腕症候群,ストレートネック,レントゲン

しかし、ストレートネックになってこのカーブがなくなってしまうと、自分で自分の頭を支えられなくなり、首、肩、背中に負担が掛かるようになります。

ストレートネックが引きおこす様々な弊害

ストレートネックになると頭の重心が前方にずれてしまうので、体の中心に頭を置いておくことができなくなってしまいます。

しかし、重心がずれたからといって頭を支えないわけにはいかないので、体の後ろ側の筋肉を過緊張させて何とかバランスを保ちながら支えようとします。

頸肩腕症候群,ストレートネック,肩こり,レントゲン

そうすると、頭を後ろに引き戻すために、僧帽筋などの体の後面の筋肉が常に過緊張した状態になります。

あなたが起きている限りは、立っていても座っていても頭を支えないといけませんから、この持続的な筋肉の過緊張が、首から背中にかけての全体的なコリや痛みに繋がります。

頸肩腕症候群はVDT症候群の悪化にもつながる

頸肩腕症候群はかつて「キーパンチャー病」とも言われたことがあり、日常的にパソコン業務でキーボードを叩いている人に多く発症する傾向にあります。

頸肩腕症候群によく似た症状を引き起こすもので、日常的にパソコン業務を行う人に多い、VDT(Visual Display Terminal)症候群というものがあるのですが、これもストレートネックとの関連が深いです。

デスクワークVDT症候群の原因はモニターの光刺激や、パソコンに向かう姿勢が原因だと言われているのですが、ストレートネックの人がパソコンに向かうと、より顔を前に突き出したような姿勢になります。

そうすると、ただでさえ頭の重心が前方にずれているのに、モニターを覗き込むために、そこからさらに頭が前に移動してしまい、首や背中にはさらに負担がかかるようになります。

そんな姿勢で朝から晩までパソコンを使っていると、ますます筋肉の緊張が強くなり、肩こりや腕のだるさが悪化してしまいます。

自律神経に変調がでて、めまいや頭痛の原因に

頭を支えるときに支点になっているのは、第一頚椎という首の一番上の骨なのですが、ストレートネックになると重心が前方に移動するので、支点も移動してしまいます。

頸肩腕症候群,ストレートネック,自律神経,レントゲン

重心がずれても支えない訳にはいかないですから、前方に移動してしまった頭をなんとか支えるために、角度に狂いが生じてきます。

たったこれだけのことなのですが、第一頚椎には脳幹といって自律神経の中枢となる器官が存在していますから、歪んだ骨に物理的に刺激されてしまい、自律神経に変調をきたすことが多くなります。

その結果、不眠症、眼精疲労、めまい、頭痛といった代表的な自律神経症状から、倦怠感や抑うつ症状、イライラなどの気分障害まで出てくるようになります。

胸郭出口が圧迫されて、腕の血行や神経伝達が悪くなる

胸郭出口症候群首と鎖骨のあたりには、胸郭出口という腕にいく神経や血管を通すための空間があるのですが、ストレートネックになると首が前方に移動してくるため、胸郭出口が圧迫されて狭くなってしまいます。

そうすると、その中を通っている神経や血管も圧迫されますから、腕のだるさや痛みが出てきますし、神経圧迫が強くなった場合は、腕がしびれてきます。

また血管もいっしょに圧迫されるため、手の末梢の循環も悪くなりやすいですから、手先の冷えを訴えたりする人も多いでしょうか。

こういうのを「胸郭出口症候群きょうかくでぐちしょうこうぐん」と言ったりもしますが、首のヘルニアでもないのに腕のだるさやしびれを訴える人には、比較的よく見られます。

頸肩腕症候群の治療法

人間の体は一つの部位が独立して動いているのではなくて、相互に助け合いながら動いています。

ですから、首のカーブがなくなってストレートネックになるだけで、このように連鎖的にあちこちに症状が出てしまいます。

でも病院では「骨が本来の位置にあるか?」という配列の問題は診ないので、ヘルニアなどの該当する疾患がなければ、頸肩腕症候群というくくりで片付けられてしまいます。

頸肩腕症候群は休職したら治るのでしょうか?

筋弛緩剤やリリカを飲んでいても、症状にまったく改善がみられない場合は、休職を勧められることもあるかもしれません。

でも気になるのは、休職したら頸肩腕症候群が治るのか? という問題でしょう。

実際問題、休職しないといけないほど重症の頸肩腕症候群が、休んで安静にしただけで治るかというと難しいでしょう。

もちろん仕事をしていないわけですから、休んでいる間は体に掛かる負担が減って、楽になるとは思います。

首の痛み,首の違和感,肩こり

しかし休んだからといって、そもそもの原因であるストレートネックが治るわけではありませんから、原因が残っている限り仕事を再開すれば症状も再発するでしょう。

使いすぎや過労だったら休めば治るかもしれませんが、頸肩腕症候群は体の中で首のカーブがなくなり、構造的に破綻しているのが問題です。

休めば治るという問題でもありませんよね。

根本治療はストレートネックの矯正

薬やマッサージを否定するわけではありませんが、骨格が歪んでしまっているのに、表面的な症状に対してだけ対処していても意味はありません。

ストレートネックを矯正して、首のカーブを元に戻しましょう。

頸肩腕症候群,治療法,レントゲン

そうすれば頭の重心が元に戻りますから、体の後ろの筋肉を無理に緊張させて、頭を支える必要はなくなります。

治療期間は骨格の状態にもよって変わってくるので、実際に本人のレントゲンを見てみないと何とも言えませんが、結果的に持続的な筋肉の過緊張がなくなるので、痛みやコリもすぐに解消されていくでしょう。

まとめ

頸肩腕症候群にみられるストレートネックもそうですが、骨の歪む場所や歪み方によって、いろいろな症状が出てきますから、骨格の歪みが原因になっている症状は本当に多いです。

骨が歪んで構造的な問題が生じたものに、薬や整体のような表面的な治療を繰り返したところで意味はありません。

目先の症状ばかり追いかけていないで、なにが原因かを突き止めて、その原因を取り除くようにしましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する