抜いても抜いても溜まる膝の水…膝が痛くて歩けない原因はなに?

抜いても溜まる膝の水,アイキャチ

From:原田達矢

膝が痛くなって、水が溜まってくることはありませんか?

膝の痛みは高齢者にかぎった話ではありませんから、50代以下の人でも歩くだけで膝が痛んだり、曲げづらくなって日常生活に支障が出ている人もいるかもしれません。

しかも、膝に溜まった水を注射器で抜いても、またすぐに水が溜まってくる人がいます。

この理由は、膝を直接ケガしたとかでないかぎり、膝自体に痛みの原因はないからで、ほかの場所に膝の痛みを引き起こしている原因があるからです。

そこで、ケガをした訳でもないのに膝が痛む理由を、骨格の構造的な視点から解説していきます。

膝にはもとから適量の水が溜まっている

膝の構造を簡単に説明すると、脛骨けいこつというすねの骨と、大腿骨だいたいこつという太ももの骨でできていて、その間に衝撃を吸収する関節軟骨や半月板というクッション組織があります。

これらをたくさんの靭帯で固定し、その周りを関節包かんせつほうという袋で包み込むような構造になっています。

膝関節

その関節包のなかには、膝を曲げ伸ばしするときの滑りをよくするために、関節液かんせつえきと呼ばれる液体で満たされていて、これを「膝の水」と呼んでいます。

膝の水自体はもとからあるもので、これがなくなると膝の滑りが悪くなりますから、動かしたときに関節が引っかかって、痛みが出るようになります。

このように、適量の膝の水はなかったらないで困るので、問題は膝に水が溜まることではなくて、水が増えすぎて膝が腫れてしまうことです。

膝の水が増えすぎると関節内圧が高くなる

膝の水自体はもとからあるものですし、なにも悪さはしませんが、水が増えすぎると関節内にパンパンに水が溜まって、膝関節の内圧が上がってしまいます。

そうすると、膝の中の圧力が異常に高くなって、組織を圧迫するので関節の中がズキズキと痛むようになりますし、歩くときに足をついたりすると体重がかかって、さらに関節内圧が瞬間的に高まるのでズキッと痛むようになります。

膝の痛み

また、膝の関節内圧が高まっている状態で足を曲げようとしても、さらに関節の内圧が上がりますから膝が痛んで、正座をしたり足を曲げるのがつらくなります。

膝関節に水が溜まるのは炎症をしずめるため

膝の水自体はもとからあるものですが、それが増えすぎて膝に水が溜まる理由は、膝に起きた炎症をしずめるためです。

何らかの原因で膝に炎症が起きてしまったために、それをしずめようと体は水の分泌量を増やすのですが、その結果、関節の内圧が上がってしまってべつの問題が起こります。

なので整形外科などで膝の水を抜いてもらうと、関節の内圧が下がりますから痛みも和らぎますし、足を曲げやすくもなるでしょう。

注射で膝の水を抜く

でもこれでは、膝の炎症はそのままで、溜まった水を抜いているだけなので、膝の炎症をしずめるためにまたすぐに水が溜まり始めます。

これが、いくら膝の水を抜いても、すぐにまた水が溜まって腫れてしまう理由です。

なので安易に膝の水を抜くのではなくて、それよりも考えないといけないのは「なぜ膝に炎症が起きるか?」です。

この根本の問題を解決してしまわないと、炎症を押さえるために、抜いても抜いても膝に水が溜まり続けてしまいますよね。

怪我以外で膝に原因があることは少ない

スポーツで靭帯を損傷した、膝をひねって半月板を傷めたなど、あきらかな膝の怪我を除いて考えると、膝の痛みの原因が膝にあることのほうが珍しいです。

膝に原因があれば、それが治れば腫れは引いていきますし、ふつうに考えて膝に水が溜まる程の怪我を、覚えていないということもないでしょう。

ですから思い当たる原因もなく、しかも膝の検査をしても異常が見つからないのは、ほかに原因があるからと考えるのが妥当ですよね。

そしてその場合、ほとんどは「骨盤の歪み」が原因です。

骨盤が後ろに倒れると膝の内側が痛む

膝が痛くなるときは関節内に加えて、内側からお皿の下辺りにかけて痛む人が多く、膝の外側が痛いという人はほとんどいません。

これにも理由があって、骨盤が後方へ変位してしまうことによって、骨盤から膝の内側に付着する「縫工筋ほうこうきん」という筋肉が過緊張を起こすからです。

縫工筋は膝や股関節を動かすための筋肉で、骨盤の上前腸骨棘じょうぜんちょうこつきょくというところから発生して、膝の内側の脛骨粗面けいこつそめんというところに付着しています。

縫工筋,膝の痛み,内側

なので骨盤が後ろに倒れてしまうと、筋肉の骨盤での付着部と膝での付着部との距離が離れてしまい、縫工筋がつねにピンピンに緊張した状態になってしまいます。

その筋緊張が強い状態で膝を動かすと、膝の内側がより強く引っ張られますから、筋肉の付着部に炎症を起こし痛みが出るようになります。

ちなみに骨盤の構造上、それ以外の歪み方はほとんどしないですから、これが理由で膝の痛みはだいたいみんな同じように、内側からお皿の下辺りに出ることが多いです。

骨盤が傾くと片方の足に体重が偏る

きれいに真後ろにだけ歪んでいる人もいないことはありませんが、人間の体は立体なので前後だけでなく、たいてい左右への傾きも同時に起こります。

骨盤の役割はたくさんありますが、その中でも上半身の重みを左右均等に支える、というのが重要な仕事です。

それなのに骨盤が傾いてしまうと、左右の高さが変わってしまって、下がっている方の骨盤へ体重が偏るようになります。

膝の痛みのレントゲン

そうすると、下がっている方の骨盤に負担が集中しますから腰も痛くなりますし、その下で骨盤を支えている膝にも負担が掛かります。

左右の膝で受け止める衝撃の強さが違うと、同じように使っていても左右の負担が違いますから、より負担の大きい方の膝に炎症が起こりやすくなります。

膝が悪くないのに膝の治療を続けていても意味はない

膝の痛みの原因が膝自体にあることはないので、膝に溜まった水を抜いたり、ヒアルロン酸の注射を打ったりしても、一時的な効果しかありません。

人体の構造的に考えると、膝の痛みはその上にある骨盤の歪みが原因になっているケースが多いですから、骨盤の歪みを取り除いてしまいましょう。

骨盤プレポス

そうすれば縫工筋の緊張も緩和して、膝の内側を引っ張ることもなくなりますし、偏っていた体重が左右均等にかかる様になりますから、膝にかかる負担も分散して炎症が治まります。

炎症が治まれば、膝の水を過剰に分泌する必要もなくなりますから、自然と膝の関節内の圧力も下がって、腫れも痛みも引いていくでしょう。

膝が痛くても歩くようにしましょう

膝が痛いと安静にしている方が良いと思って、あまり動かなくなる人が多いですが、基本的には膝が痛くても歩いたほうが良いです。

歩かない方が良いのは、膝の靭帯が切れてる、半月板が割れているなど、あきらかな膝の怪我のときぐらいです。

というのも、膝が痛いからといって歩かなくなってしまうと、筋力が衰えたり、関節の柔軟性が低下したりしますから、かえって関節の状態が悪くなっていきます。

散歩,ウォーキング

事実、うちでも膝の痛い人が新規のクライアントで来ていただいたときには、痛みが引いてくる前から歩くようにしてもらっています。

「でも歩いたら膝が痛いんですけど…」という人もいるかもしれませんが、「痛い」というのがすべて悪いわけでもありませんし、動かさないことの方がデメリットが大きいので、痛いのを我慢しながらでも歩くほうが良いです。

ただし骨盤が歪んだままの状態で歩くと、痛い方の膝によけいに負担がかかるだけなので、歪んだ骨格を矯正して戻しながら歩くのがベストです。

まとめ

どこかで骨格の構造的な問題が起きると、必ずそれをかばうために補正作用が働いて、ほかの部位にも痛みが出たりします。

「おばあちゃんみたいで恥ずかしい…」といって膝の痛みを我慢する人がいますが、たいてい骨盤の歪みが原因なので、若い人でも膝に痛みが出ることはおかしいことではありません。

歩くたびに膝が痛んだり、抜いても抜いても膝に水が溜まるという人は、一度骨盤の歪みを確認してみましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する