腰痛

腰痛は日本人の80%が一生に一度は経験すると言われるほど、多くの人が訴える症状です。

それほどありふれた症状にも関わらず、レントゲンなどの画像診断では腰痛の原因を特定することが難しいため、腰の痛みは慢性化しやすい傾向にあります。

しかし、少し視点を変えれば腰痛には明確な原因があり、その原因を取り除くことで根本的な解決が可能です。

マッサージなどのその場しのぎの対症療法では、根本的な解決にはならないと気づいているあなたような方にとって、このページに書いてある情報はとても貴重なものになるでしょう。

腰痛の現状

腰痛には大きく分けて二種類あり、ひとつは「特異的腰痛とくいてきようつう」と呼ばれるものと、もうひとつは「非特異的腰痛ひとくいてきようつう」と呼ばれるものです。

特異的腰痛とは、レントゲンやMRIなどの検査で原因がはっきりと分かるもので、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症せきちゅうかんきょうさくしょう、腰椎分離すべり症、圧迫骨折などがあります。

もうひとつの非特異的腰痛とは、さまざまな検査をおこなっても明確な原因が見つからない腰痛で、慢性腰痛やぎっくり腰などはこちらに分類されます。

問題は特異的腰痛と非特異的腰痛の割合で、日本整形外科学会の発表では、原因がはっきりしている特異的腰痛は15%しかないのに対して、原因を特定できない非特異的腰痛は85%にもなります。

じつに85%の腰痛が原因不明ということになるため、治療もマッサージや運動療法のような対症療法的なものにならざるを得なくなり、原因を除去しきれずに慢性化して再発を繰り返します。

非特異的腰痛の原因

原因を特定できない非特異的腰痛ですが、原因を特定できないだけであって、存在しないわけではありません。

最先端骨格矯正の症例データでは、原因がはっきりしない腰痛の多くに、骨格の歪みが関わっていることが分かっています。

骨格が歪むと腰が痛くなる理由

骨格が歪むと腰が痛くなるのは、人間の体の構造が影響しています。

人間は現存する生物で唯一の直立二足歩行であるため、背骨を地面に対して垂直に立てて活動をしています。

そのため、横になって寝ているとき以外は、立っていても、座っていても、歩いていても、骨盤で上半身の重量を受け止めないといけません。

しかも人間は脳や内臓などの重たい臓器が腰より上に集まっていることから、それを支える腰や骨盤には日常的に大きな負担がかかる宿命にあります。

それでも、骨格が歪んでいなければ、自分の上半身くらいは支えられる設計になっています。

しかし、骨格が歪むと構造的に破綻するため、自分の体重を支えられなくなり、腰に負担がかかって関節に炎症が起こったり、筋肉が過緊張して腰が痛むようになります。

腰痛が慢性化する理由

腰痛が慢性化しやすいのは、このような骨格の歪みという構造的な問題に対して、マッサージのような表面的な対処しかしないことです。

たしかに、硬くなった筋肉をほぐせば一時的には楽になるかもしれません。筋トレをして腰周辺の筋肉を強化すれば、腰が痛くなる頻度も少なくなるでしょう。

骨盤の歪みが原因の腰痛

しかし、骨格の歪みという根本的な問題が残っているかぎり、腰に負担がかかったり、疲労が蓄積したりすると、すぐに関節の炎症や筋肉の過緊張が起こり、また腰が痛くなってしまうのです。

腰痛は癖になったり慢性化しやすいというよりも、そもそも治っていない、という方が正確かもしれません。

骨格の歪みを矯正し、腰の負担を取り除く

骨格の歪みが原因の症状は、骨の位置や角度を戻すことによって、その症状の根本的な解決ができます。

歪んでいた骨がもとに戻っていくにつれ、構造的な問題も解消していきますから、自分の上半身の重みを無理なく支えられるようになります。

骨盤矯正の効果,プレポス

結果的に、腰は過剰な負担から解放されて、腰痛も改善していくことでしょう。

非特異的腰痛は特異的腰痛に悪化する

また、骨格の歪みは打撲だぼくなどとは違い、時間が解決してくれるような性質のものではありません。

矯正をせずに放置していると、少しずつ骨格の歪みは進行して、腰痛の症状も悪化していきます。

そうすると、比較的軽症な部類である非特異的腰痛から、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった、神経の圧迫を伴うもっと重症な特異的腰痛へと悪化していくこともよくあります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などは、原因のはっきりしない腰痛を放置したために発症することが多く、症状の進行具合によっては、骨格矯正でも完治できないこともあります。

慢性的に腰が痛いということは、体の中で問題が起きているというサインですので、早めに治療を開始するようにしましょう。

まとめ

腰痛が慢性化しやすく改善しにくいのは、このページで解説したように原因を特定しにくく、治療も対症療法的になりやすいということがあります。

しかし、少し視点を変えれば、腰痛には骨格の歪みという明確な原因があり、その問題を解決することで根本的な改善が可能です。

もしあなたが腰の痛みでお困りで、その場しのぎではなく根本的な解決をしたいということでありましたら、いますぐ当院までご連絡ください。