腰痛が治らないのはなぜ?85%の腰痛が原因不明な理由

腰痛が治らない理由,アイキャッチ

From:原田達矢

腰痛が治らない人に共通する間違いは、腰痛の原因が腰にあると思っていることでしょう。

厚生労働省の調査でも、腰痛の85%が原因不明という調査結果が出ているのですが、これは言い換えると「85%の腰痛は原因が腰にはない」ということでもあります。

事実、病院で検査をしても原因が分からないような、慢性腰痛の原因は首の歪みです。

そこで骨格の構造的な観点から、腰痛がなかなか治らない理由と、首が歪むことによって腰に痛みが出る原因を解説していきます。

腰痛が発症するしくみ

解剖学的にいうと人間の腰の骨は、正面から見たときは真っ直ぐなのですが、横から見たときはお腹の方に向かって弓なりにカーブしています。

脊柱,腰の前弯,生理的湾曲

このカーブにも意味があって、

  • 歩いたり走ったりしたときに、ショックアブソーバーのように伸縮しながら、腰にかかる衝撃を分散する
  • 座ったり立ったり同じ姿勢で静止しているときは、バネのようにしなりながら体重を受け止めて、腰にかかる負担を吸収する
  • 屈んだり立ち上がったりするときは、体重移動をスムーズにおこなうバランサーとして働く

というように、つねに腰を保護するために働いてくれています。

腰が痛い人はカーブがなくなっている

腰痛の人に共通する体の構造上の問題は、腰を保護するためのカーブがなくなっていることです。

カーブがなくなると腰の骨が突っ張ってしまって、クッションやバランサーとしての機能が働かなくなり、腰にまともに負担がかかるようになります。

カーブがない腰

とくに背骨のクッションが効かなくなると、腰にかかる衝撃を分散できなくなりますから、それをカバーするために腰周りの筋肉がよけいに働かないといけないようになります。

結果、腰の筋肉が疲労していつも板が入ったみたいに硬くなりますし、疲労が限界を超えて腰に炎症が起きると、ぎっくり腰のようになって腰に力が入らなくなります。

これが簡単な腰痛のしくみです。

腰痛は一生の付き合い?

たぶんあなたもそうだと思うのですが、人間は二足歩行で生活をしているので、体を横にして寝ているとき以外は、立っていても、座っていても、歩いていても背骨に重力の影響を受けています。

二足歩行で生活するためには、重力に抵抗しながら背骨を地面に対して垂直に支えていないといけないので、体を起こしている間は抗重力筋こうじゅうりょくきんという筋肉がずっと働いています。

腰痛,腰を押さえる女性

しかし腰のカーブが伸び切って突っ張ってしまうと、クッションが効かないだけではなくて、バランサーとしての機能も働かなくなります。

そうすると、腰にかかる重心のバランスが崩れて不安定になり、背骨を支えている抗重力筋にかかる負担も大きくなりますから、すぐにオーバーワーク気味になって筋疲労を起こしてしまいます。

抗重力筋とは
地球の重力に対抗して、立ったり、座ったりしているときに、体を支えて姿勢を保持するためのお腹や背中、お尻や太ももの筋肉のことを言います。
抗重力筋は体を動かしているときだけに働く筋肉ではなく、姿勢を維持するために日常生活でもつねに無意識に働いていて、この筋肉の機能が低下すると、重力に対抗して体を支えることが難しくなります。

つまり、二足歩行で生活している以上、どうしても腰には負担がかかるので、人間は腰痛になりやすい生き物であるともいえます。

ストレッチで腰痛が悪化する

腰が痛いときに自分でできる対処法というと、ストレッチを思い浮かべる人が多いでしょう。

でも実際は、ストレッチはとてもリスクが高い体操なので、お手軽ですがあまり気軽にやるようなものでもありません。

というのも、肩や股関節のストレッチならまだしも、腰を大きく曲げるようなストレッチでは、背骨に強い圧力がかかるので、腰の状態によっては腰痛が悪化するリスクがあります。

腰のストレッチ

とくに首や腰のストレッチなんて、ヘルニアの誘発動作として運動学の本にも載っているぐらいです。

害がないなら気休め程度におこなうのも良いかもしれませんが、悪化のリスクがあるのにやるようなものでもないでしょう。

そもそもストレッチは、関節の可動域を広げたりするのが目的の運動なので、いくら続けたところで腰痛が治ることもないです。

整体の腰痛治療はその場しのぎ

腰が痛い人は整体やマッサージに通っていることも多いでしょうが、まずはカーブを戻して腰の正常な機能を回復させないと、何をやってもその場しのぎにしかなりません。

内科的な疾患やケガの場合を除いて考えると、腰痛の原因は腰のカーブがなくなって、負担がかかりやすくなっているからです。

その証拠に、いくら腰の筋肉をほぐし続けていたところで、すぐに痛みがぶり返して腰痛も治らないですよね。

腰痛のマッサージ

いくら周りの筋肉をほぐしていても、腰にカーブがないままだと筋肉にかかる負担が解消されないですから、永遠にイタチごっこが続きます。

根本的な原因は、骨格が歪んでいることによる構造上の問題なので、まずはこの問題を解消しましょう。

腰痛が原因不明と診断される理由

腰痛を治したいのなら、まずはカーブを元に戻してあげないとけないのですが、腰のカーブがなくなるのは腰が悪いからではなくて、首の歪みが原因です。

なので、あきらかなケガでもない慢性の腰痛症の場合、いくら腰の検査をしても原因はそこにはないので、はっきりとした原因がわからないことが多いです。

それに腰の骨や骨盤は人体の中でも大きな骨ですし、もともと骨同士の動きがあまりないので、腰自体が単独で歪んでくることもほとんどありません。

首が歪むと負担が腰に回ってくる

人間の背骨は首から腰まで一本につながっていて、その上に頭を乗せて支えるような構造になっています。

そうしないとバランスを取れないということもあるのですが、人間は無意識に首でバランスを取りながら、頭を体の中心で支えようとします。

しかし、首が歪んでしまうとそれができなくなって、頭の重心線が体の中心から外れてしまうので、腰のカーブを崩してなんとか頭を体の中心に戻そうとします。

腰のカーブがなくなる原因

そうすると、腰自身にもカーブがなくなって余裕がないのに、首で支えきれない分の負担も、その下で受け止めている腰にのしかかって来ます。

結果的に、首が頭を支えきれない分の負担も請け負わざるを得なくなって、腰は一部位で二部位分の負担を背負うことになります。

腰に負担がかかる

イメージとしては「仕事ができない同僚がいるせいで自分の負担が増える」みたいな感じでしょうか。

そうなると首にももちろん負担がかかるのですが、人間はあっちもこっちも痛みを感じないので、一番負担がかかっている腰の痛みを、より強く感じるようになります。

腰痛の根本治療

突き詰めて考えていくと腰が痛くなるのは、首の歪みをかばった結果出てくる代償的な痛みです。

なので首の歪みを戻してあげれば、とくに腰の治療はしなくても、カーブが戻って腰の正常な機能が回復します。

腰椎プレポス

そうすれば、よけいな負担もなくなりますし、腰のクッションがまた働くようになるので、腰回りの筋肉もオーバーワークをしなくても済むようになります。

いつの間にか腰痛も感じなくなるので、腰が痛かったことも忘れるようになるでしょう。

まとめ

すべり症とかでもないかぎり、腰痛の原因はほとんど腰にはありません。

腰痛が治らない理由は、腰に原因はないのに、腰の検査や治療ばかりやっているからです。

大事なのは腰が痛いことよりも、「なぜ痛いか?」という根本の原因の方です。

マッサージなんて表面の、そのまた表面の症状に対処しているだけで、根本的な問題は何も解決していません。

「腰痛を根本的に治したい!」ということであれば、一度首の歪みを調べてみましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する