後頭神経痛で頭皮がピリピリ痛むときの原因と治療法

後頭神経痛,アイキャッチ

From:原田達矢

うちには頭痛持ちの人もよく来られるのですが、一口に頭痛と言ってもその症状はさまざまです。

偏頭痛のようにズキズキと脈打つような痛みの人もいれば、頭の表面がピリピリ痛むという人もいるでしょう。

頭の表面が痛むときは、脳の問題や頭皮のかぶれがなければ、頚椎(首の骨)の歪みが原因となって、頭部の神経が炎症を起こしていることが多いです。

頭部の神経は位置的にも頚椎の影響を受けやすいですから、首が歪むことによって神経に炎症が起こり、神経過敏になって異常感覚を感じるようになるのが理由です。

そこで骨格の構造的な観点から、頭に神経痛のようなピリピリとした痛みが出る原因と、対処法について解説していきます。

頭皮の痛みに関連する神経

頭部や顔面にはたくさんの神経が密集しているのですが、表面の浅いところでの頭痛に影響するのは、おもに後頭神経こうとうしんけい三叉神経さんさしんけいです。

頭の後ろ半分を支配する後頭神経と、頭の前半分を支配する三叉神経というように役割が分かれていて、この二つの神経で頭部のほぼ全域の感覚を支配しています。

耳の後ろや後頭部に痛みが出る後頭神経痛

後頭部から頭頂部にかけて痛みが出るときは、後頭神経痛と呼ばれることが多いのですが、この痛みの原因となっているのが後頭神経です。

後頭神経

後頭神経は読んで字のごとく後頭部の神経で、上の画像のとおり、大後頭神経と小後頭神経に分かれています。

これらの神経に炎症が起きたときには、後頭部から頭の先、側頭部や耳の後ろなどに、ピリピリとした異常感覚を感じることが多いです。

目の奥やこめかみが痛むのは三叉神経の影響

頭の前半分に痛みを感じる場合は、三叉神経の異常感覚によることが多いです。

三叉神経は頭部の大部分に分布する神経で、眼神経、上顎神経、下顎神経という3つの神経に分かれています。

三叉神経

そのうちの眼神経が前頭部から頭頂部にかけてと、まぶたのあたりを支配しています。

ですので、三叉神経のうちの眼神経に炎症が起きると、おでこから鼻の奥、こめかみから頭の先にかけての痛みなどを感じるようになります。

また、三叉神経は目の奥の知覚もつかさどるので、眼精疲労の原因になりやすい神経でもあります。

神経が出ている場所に注目!

頭痛に関して首の歪みが影響するというのは、神経が出てくる場所に理由があります。

神経は元をたどればすべて脳から出ていて、それが脊髄となって背骨の中をとおりながら、全身へと行き渡るような構造になっています。

たとえば後頭神経や三叉神経は、脳から出てきて首まで下りてきたあと、首の骨のすき間から外に出てきて、頭部へと伸びていきます。

首が歪むとすき間から出ている神経が圧迫される

首の骨は全部で7個あるのですが、そのなかでも特に上から三番目までの骨を、上部頚椎じょうぶけいついと呼びます。

頭部の感覚を支配する神経は、ほぼこの上部頚椎のすき間から出ているので、ここに歪みがあると神経の走行が邪魔されるようになります。

後頭神経,三叉神経,頭部の神経の走行

そうすると神経が骨のすき間から出てくるときに、歪んだ骨に物理的に圧迫されてしまいますから、ちょっとした負担ですぐに炎症を起こすようになります。

その結果、炎症を起こしている神経に感覚異常が起こり、神経の分布している場所にピリピリと痛みを感じるようになります。

頭を支えられなくなって首・肩こりの原因にも

それ以外にも上部頚椎は、頭の重みを支えるための受け皿としての役割もあるので、もともとが負担のかかりやすい場所でもあります。

ですので、この辺りの骨の配列が崩れると、重心がずれてバランスを取れなくなりますから、頭を受け止めている首の関節に過度の負担がかかるようになってしまいます。

肩こり

そうすると、首の関節やその周辺の筋肉に疲労が溜まりやすくなって、慢性的な首こり・肩こりが出てくるようになります。

これは神経の炎症というよりも、骨格の構造が破綻して、物理的なストレスがかかかっていることが原因です。

神経痛のような頭痛の治し方

頭痛に関しては原因不明と言われる事が多いですが、たいてい神経に炎症が起こっているのが原因ですので、炎症を鎮める方向で対処をしていくのがよいです。

炎症を鎮めないといけないわけですから、頭が痛くなってきたときは温めるよりも、アイシングで冷やすのが正しいです。

アイシングをするときも、シップや冷却シートのようなものでは効果が薄いので、ビニール袋に氷水を入れて15分ぐらい、首筋や痛いところを冷やしましょう。

お風呂に入る猿

ときどき頭が痛いときや、肩こりが酷いときにかぎって、お風呂に浸かって体を温める人がいます。

たしかに一時的には血流が促進されるので、なんとなく良さそうな気がするかもしれませんが、炎症が広がるだけなので逆効果です。

生理学的にも、痛いときに温める理由はありませんから、やめておきましょう。

ロキソニンの効果は?

ロキソニンには、痛みを感じさせる物質を抑制する作用がありますから、服用すると痛みは和らいでくるでしょう。

頭が痛くても仕事を休めなかったり、子どもが小さくて家事をサボれない、ということもあるでしょうから、どうしても痛いときは薬に頼るのも良いと思います。

ただ、薬はあくまでも症状を抑えているだけなので、根本的な原因を取り除けているわけではありません。

その場しのぎの対症療法だというのは、頭に入れておきましょう。

首の歪みを整えよう

神経が出ている部位の骨が歪んだままだと、物理的なストレスがなくなりませんから、なかなか頭痛の根治は難しいです。

頭痛は原因不明と言われることが多いですが、どこが原因不明なのか分からないぐらい、確実に首の歪みが影響します。

物理的なストレスも神経にとっては負担になりますから、歪んだ骨を戻してあげて圧迫から開放してあげましょう。

頚椎,首,プレポス

そうすれば負荷が軽減して、神経の許容量に余裕ができますから、今までのように簡単に頭が痛くなることもなくなります。

また骨の位置が戻ることによって、骨格の構造的な問題も解消されますから、首や肩にかかっていた負担もなくなります。

結果的に、頭痛だけではなく、首や肩のこりも同時に解消されていくでしょう。

首の治療をするときはこれに気をつけましょう

首の中でも上部頚椎は、奇形といわれる先天的な形態異常が、とくに多いところでもあります。

さらに位置的にも脳に近い上に、その奥には脳幹といって自律神経の中枢のような器官までありますから、めちゃくちゃデリケートで触るときは細心の注意が必要な場所です。

脳幹,延髄,椎骨動脈

これほど重要な場所を、整体などに行ってレントゲンも見ずに矯正をされたり、強い力でマッサージをされたりすると、それだけで自律神経が変調をきたして症状が悪化することもあります。

実際、うちではすべてのクライアントにレントゲンを撮ってもらっていますが、レントゲンがないと体の中で骨がどうなっているか分からないので、怖くて矯正なんて出来たものではありません。

歪んでいると思ったら生まれつきだった、ということも珍しくはありませんから、とくに脳に近いところを触られるときは、くれぐれも注意しましょう。

まとめ

脳に腫瘍ができていても神経を圧迫しますから、頭痛がするときはまずは病院で頭を調べるべきです。

ですが、脳に問題がないような慢性の頭痛のときは、たいてい首が歪んでいることが原因です。

薬やマッサージで頭痛をやり過ごすのもよいですが、それでは根本的な解決にはなりませんから、一度首の歪みを調べてみましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する