変形性股関節症でも手術はしたくない!潰れた股関節の耐用年数を伸ばす治療法

変形性股関節症,手術したくない,アイキャッチ

From:原田達矢

『知り合いにも股関節が悪い人がいてるんやけど、関節が潰れてても診てもらえる?』

っていうのを、変形性股関節症のクライアントの人に、ご相談いただいたので、それについてブログでもシェアしていきます。

で、これを言うと元も子もないんですけど、変形した股関節が「治る」ということはないです。

現実的な方法として、変形している股関節に掛かる負担を軽くして、痛みを和らげたり、股関節の耐用年数を伸ばして、手術を先延ばしにすることを第一に考えるようにしましょう。

医学は日進月歩なので、人工関節の手術をするにしても、できるだけ先延ばしにした方が、性能のいい人工関節が出ているはずなので。

それに、治療を開始した時点での股関節の状態にもよりますが、早めに対処しておけば普通に日常生活も送れるし、上手く行けば死ぬまで人工関節の手術をしなくても済むこともあります。

そこで、この記事では『手術は出来るだけしたくない…』という人のために、解剖学的な観点から見た変形性股関節症の解説と、うちで行っている変形した股関節の耐用年数を伸ばすための治療法をご紹介します。

股関節の変形は、ほぼ先天性の問題

股関節が変形する理由は大きく分けて二つあります。

一つは一次性(後天性)の変形性股関節症で、もう一つは二次性(主に先天性)の変形性股関節症です。

割合で言うと、圧倒的に二次性(先天性)の変形性股関節症が多く、全体の80%ほどを占めます。

一次性変形性股関節症

明確な原因がなく、加齢などの影響だとされるもの。

骨粗鬆症が深刻な欧米ではほとんどがこのタイプなのですが、日本ではあまりいないと言われています。

まあ、これも加齢だけが原因でもないので、それについても後で説明します。

二次性変形性股関節症

日本人の変形性股関節症の80%以上を占めるもので、事故やスポーツなどによる怪我を除けば、ほとんどが先天性(生まれつき)の問題です。

その中でも、生まれつき股関節が脱臼している『先天性股関節脱臼』と、股関節の骨盤側にある受け手の「臼蓋」の形成が不完全なために起こる『臼蓋形成不全』が、二次性変形性股関節症の原因の90%を占めます。

 

いずれも、圧倒的に女性に多く発症しますが、理由、原因ともによく分かっていません。

他にも、大腿骨頭すべり症、ペルテス病などによって、股関節の変形が引き起こされることもあります。

股関節の変形が進行するとどうなる?

単純な話、股関節の変形が起こると、患側(変形している方)の股関節の関節面が潰れてきます。

そうすると、股関節としての十分な機能を果たせないので、骨盤や股関節で自分の体重を受け止められなくなって、余計に悪い方に負担が集中する、という悪循環が起こります。

股関節の可動域が制限されて、機能障害が起こる

股関節の変形が進行すると、関節面が潰れてきて、関節の動きが悪くなります。

最初は鼠径部(足の付け根)の痛み、お尻の痛みから始まり、歩行時の痛みが起こることが多いです。

%e5%a4%89%e5%bd%a2%e6%80%a7%e8%82%a1%e9%96%a2%e7%af%80%e7%97%87

その後、変形の進行具合によって、階段の昇り降り、立ち上がる動作でも痛みが出てくるようになります。

末期になると、股関節の動きの制限も強くなり、椅子から立ち上がるだけでも5分くらい掛ったりと、普通に日常生活を送るのも難しくなります。

変形が変形を招いて、悪化を進行させる…

変形性股関節症は、股関節の形成が不完全なために起こることが多いので、患側(悪い方)の足が健側(良い方)の足と比べると、そもそも短いことが多いです。

椅子でイメージしてもらえば分かりやすいんですが、短い脚があるとそちらの方が低くなって傾いていきますよね?

人間の足も同じで、片方の足が極端に短いと、骨盤の高さが左右均等に揃わないので、短い方に体が傾いて体重が偏っていきます。

変形性股関節症

そうすると、変形して低くなっている方の股関節に体が傾いて、潰れている股関節に荷重が偏ります。その結果、ただでさえ変形しているのに、さらに余計に負担が掛ってますます関節の変形が進行しやすい状況になります。

それに加齢による股関節の変形も、じつは骨盤の傾きが影響する

40~50代ぐらいになって出てくる、いわゆる加齢による股関節の痛みも、じつは元々股関節に問題を抱えていたケースが多いです。

たとえば、本人も知らないような軽度の股関節の形成不全があって、それに何十年も気が付かずに生活をしていることがあります。

股関節が浅い,レントゲン

そして何十年と股関節を酷使し続けて、痛みが出てきたのでレントゲンを撮ってみると、『えらい股関節が浅いですね…』ってなって、初めて気がつくことがあります。

だって、単純に考えて加齢だけが原因だったら、左右均等に股関節の変形が進みますよね?

それが片方の股関節だけに変形が起こるということは、なにかそちらだけに変形を起こすような問題があったということです。

これも、軽度とは言え股関節の形成が不完全なために、そちらに骨盤が傾いて、水面下で徐々に変形が進行して股関節の痛みが、表面上に出てきただけです。

潰れている股関節の変形を遅らせて、手術を回避する方法

変形性股関節症に関しては、その原因からして「治るか?」と言われれば、正直難しいでしょう。

ですので、変形している股関節に負担をかけないようにして、進行を食い止める、というのが現実的な方法になります。

ようは、あなた自身の寿命よりも、股関節の寿命が長くなれば、死ぬまで手術はしなくてもいいわけですし。

変形している股関節に負担が掛かるので、傾いた骨盤を元に戻す

上で説明したように、変形している方の股関節の足は、反対の足に比べて短いので、骨盤がそちらに傾いていきます。

これを元に戻さない限り、患側の股関節に掛かる負担が減らないので、まずはこれを元に戻します。

ぶっちゃけ、そもそも足の長さが違うので、完全には骨盤の歪みは戻りませんが、そうすることによってある程度、左右の股関節に掛かる荷重のバランスが均等になります。

変形性股関節症,治った,レントゲン

そうすると、治療を始めた段階の股関節の状態にもよりますが、変形の進行を遅らせることが出来て、手術をしなくても済むようになります。

ストレッチをして股関節の柔軟性を維持するのも大切です。

でも、骨盤が傾いている限り、股関節に掛かる負担が減らないので、変形が止まりません、、、

骨盤の傾きが戻ったら、運動をして筋力をつける

骨盤の傾きを元に戻すと、変形した股関節に偏っていた荷重が分散されるので、股関節の痛みが和らいである程度歩けるようになります。

変形性股関節症の人は、股関節が不安定なことが多いので、それを補助するためにも筋力は絶対に落とせません。

歩く,ウォーキング,散歩

ですので、骨盤の歪みが戻ってある程度歩けるようになったら、筋力をつけるためにもウォーキングなどをして、筋力を維持するのが大切です。

それに、股関節が痛いからと言って歩かないでいると、運動不足になって体重が増えてきたりします。

そうなると、単純に自分の重みで股関節に負担が掛かるので、自分の体重で股関節が潰れてきたりします。それに、多少歩いて骨に刺激を与えないと、骨の代謝が鈍るので、変形が進みやすくなります。

股関節が痛くて5分しか歩けなかったら、5分でも良いので出来る範囲で歩くようにしましょう。

ただし、骨盤が傾いたまま運動をすると、股関節の変形が進むだけなので、必ず骨盤の歪みを取り除いてから歩き出すようにしましょう。

この辺はその体でウォーキングするつもり?『健康のために運動』が全員には当てはまらない理由っていう記事に詳しく書いています。

とはいえ、軟骨がなくなって股関節が完全に潰れていたら、もう諦めて手術をしましょう…

この記事で書いてある治療法は、あくまでもまだ関節の隙間が残っている場合の話です。

軟骨がすり減ってしまって、骨盤と足の付け根の骨の間隔が完全に塞がってしまうと、骨と骨が当たって痛みが出てきます。

うちでも、骨同士が擦れて出ているような痛みを軽減させる方法はないので、初診時のレントゲンを見たときに、股関節が完全に潰れてたら、矯正治療はお断りして手術をするように勧めています。

変形性股関節症,手術適応

それに、ここまで変形が進行していると、日常生活にもかなり支障が出ていることが多いです。

今は人工関節の品質も良くなっているので、そんな場合はその後のことを考えても、手術をして人工関節を入れた方が、いつまでも股関節の痛みを我慢しているよりもQOL(生活の質)が向上するはずです。

こんな感じで、完全に潰れてしまったら無理なものは無理なので、治療をするにしても早く始めることが重要です。

なので本当は、整骨院や整体に行って、気休めに体操やらマッサージを、やっている場合でもないんですけどね。

まとめ

変形性股関節症って、読んで字のごとく股関節が変形しているので、それ自体を治すことは不可能です。

でも、治療を始めるときの股関節の状態にもよりますが、関節の耐用年数を伸ばして痛みを和らげることはできます。

そうすれば手術を回避して、日常生活への影響を最小限に食い止めることができます。ようは、あなた自身の寿命よりも、股関節が長持ちしたらいい訳なので。

人間の関節は一生に一個しかない一生ものの割には、使い減りしていく消耗品です。

とくに股関節の状態が悪い人は、大切にお手入れしながら使って、関節の耐用年数を延ばすようにしましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する