インチキ整体にダマされるな!骨盤の歪みと腰痛の本当の関係

整体,骨盤の歪み,腰痛,アイキャッチ

From:原田達矢

腰が痛くなって整骨院や整体に行くと、「骨盤が歪んでいる」と言われたことはありませんか?

しかし骨盤が歪むことによって体の中で何が起こり、腰の痛みとなって出てくるのか、具体的に説明を受けたことがある人はいないでしょう。

そこでこの記事では、

  • 骨盤の歪みが原因で腰が痛くなる理由
  • 整体師は知らない骨盤が歪む本当の原因と歪み方
  • 骨盤の歪みを正しく確認して矯正する方法

ということについて解説していきたいと思います。

骨盤は体を支える土台

骨盤の構造を簡単に説明すると、仙骨せんこつ尾骨びこつ寛骨かんこつという3つの骨で構成されていて、その上に背骨を乗せて支えるような形になっています。

背骨が体を支える柱だとしたら、骨盤は柱を支える土台のようなものですね。

骨格のイラスト

ちなみに、人間の体を上半身と下半身で分けて考えたときには、頭や臓器のような重たいものが上にある関係から、約7割ぐらいは上半身に偏っていると言われています。

骨盤はこの上半身の重みをしっかりと受け止め、左右均等に荷重を分散しながらバランスよく支えてくれています。

なぜ骨盤が歪むと腰が痛くなる?

骨盤の歪みが原因で腰痛が起こるのは、腰にかかる荷重のバランスが崩れるからです。

歪みがなければ問題なく上半身の重みを支えることが出来るのですが、歪みが生じてしまうと左右で骨盤の高さが変わったり、腰の骨が体の正中線から外れてしまったりします。

骨盤の歪みが原因の腰痛

そうすると、左右均等に骨盤に重みがかからなくなりますから、荷重が偏っている方の腰に負担が集中して、すぐに疲労を起こして腰がだるくなったり、痛くなってくるようになります。

そして傾いた骨盤を戻さないかぎり、腰にかかっている負担も解消されないので、慢性的な腰痛に悩まされるようになります。

骨盤や腰の骨の歪みで出てくる症状

骨盤やその上に乗っている腰の骨が歪んでしまうと、腰が不安定になるので特徴的な腰痛の症状が現れるようになります。

同じ姿勢をしていると腰が痛くなる

家でも基礎が傾くと建物を支えられなくなるように、人間も骨盤が傾くと自分の体を支えることができなくなります。

とはいえ、横になって寝ている時間以外は自分の体を支えない訳にもいきませんから、骨格だけで支えられない分、筋肉などに負担がかかります。

腰痛

具体的には、骨盤や腰の骨だけでは自分の体を支えきれなくなったために、腰周りの筋肉でカバーしないといけなくなりますから、つねに筋肉が緊張して強張った状態になります。

このような人は、座ったり立ったりに関わらず、ずっと同じ姿勢をしていると、腰になんとも言えない違和感やだるさを感じることが多いでしょう。

むしろ動いている方が、腰に掛かる荷重が分散するので、腰痛が楽になったりします。

坐骨神経が圧迫されて足にしびれが出ることも…

土台が傾くと、その上に乗っている腰の骨も傾いてしまいますよね。

足にいく神経は、すべて腰の骨から出ているのですが、傾いたときに歪んだ骨に圧迫を受けて、神経が炎症を起こすことがあります。

そうすると足を地面についたときに、ビキッと電気が走るような痛みを感じたり、ひどい場合だと坐骨神経痛を起こして、つねに足のしびれに悩まされるようになります。

骨盤が歪む原因は?

骨盤は人体の中でもかなり大きな骨ですし、もともとほとんど可動性もありませんから、生活習慣の問題やちょっと足を組んだぐらいで歪むことはありません。

骨盤が歪むときは、大きく分けてこの二つの理由です。

ちなみに、よほどの難産でもないかぎり、出産で骨盤が歪むこともありません。

思いっきり尻餅をついた

これは分かりやすいと思いますが、足を滑らせて思いっきり尻もちをついたりすると、一発で骨盤が歪んでしまうことがあります。

経験したことがある人は思い出したくもないかもしれませんが、お尻から頭まで衝撃が走り抜けて、しばらく立ち上がれないほどの痛みですよね。

骨が歪むときは、基本的には外傷といって体の外からの衝撃が原因ですが、骨盤が歪むときも例外ではありません。

バナナを踏む男性

ものすごい尻餅をついたことがある人は、レントゲンを見ても尻餅をついた痕が残っていたりします。

ですので、まだ強烈な尻餅をついたことがない人は、雨の日に滑ったりしないように、履物などにも気をつけましょう。

すでに思いっきり尻餅をついたことがある人は、もう骨盤が歪んでいるかもしれません…。

首の歪みの補正

じつは骨盤が歪む原因でいちばん多いのは、尻餅をついたときよりも、首の歪みの補正です。

骨盤自体はもともとほぼ動きのない関節ですから、それ自体が単独で歪むようなことはほとんどありません。

しかし首が歪んだ場合にはひとつ大きな問題があって、それは顔を正面に向けておくことができなくなることです。

とはいえ、顔を傾けたまま生活をする訳にはいかないので、脳はなんとかして顔を正面に向けておこうとします。

首の補正で骨盤が歪む仕組み

するとどうなるかというと、首の歪みを戻そうとするのではなくて、骨盤を歪めて補正をかけ、なんとかつじつまを合わせて顔を正面に向けます。

結果、顔はとりあえず正面を向いているけれど、首は歪んだままで新たに骨盤にも歪みが生じるようになるので、問題がさらに複雑になります。

ちなみに統計的な話をすると、骨盤の歪みの96%は首の歪みの補正が原因です。

「骨盤が開く」のウソ

骨盤の歪みに関しては、分からないことをいいことに、まったく医学的に根拠のない話がほとんどですから、そのあたりの解説もしていきます。

実際、ネットや雑誌を見ていると、骨盤の歪みを調整する方法がたくさん紹介されています。

でも、そのすべてが何の医学的根拠もない理論ばかりで、本当に効果のある方法を一つも見たことがありません…。

骨盤ベルトで固めてもズレは治らない

一時期、「巻くだけダイエット」なんていうのが流行りましたが、骨盤を締めたぐらいで歪みが戻るようなこともありません。

それに、よく「骨盤が開く」とか言いますが、そもそも骨盤はパカパカと開いたり閉じたりする関節ではありません。

骨盤ダイエット

骨盤の歪みは開くとかズレるというよりも、どちらかというと骨盤の軸の回転の問題です。(これは企業秘密なので、詳しく説明はできませんが…)

以下に引用しますが、高須クリニックの院長もおっしゃっているように、骨盤が開くとかズレるというのは、医学的にまったく根拠がありません。

Q.医学的に見て「これはありえない!」と思う、話題のダイエット法はどれですか?

A.「骨盤矯正でしょう! よほど大ケガでもしない限り、骨盤が開くなんてありえませんよ」(高須院長)

骨盤矯正とは、エクササイズや矯正下着で“開いた骨盤”を正しい位置に戻すというダイエット法で、大ブームになりました。でも高須院長は全否定します。

「ちょっと押したり、体操したぐらいで骨盤が開いたり閉じたりしたら、エライことになっちゃう。内臓が出てきちゃいますよ(笑)。ホントに骨盤が開くなら、レントゲンでも撮って見せろと言いたい。

あちこちさすって『細くなった!』と喜んでるけど、それはむくみの位置が動いただけ。骨盤は関係ないから!」(高須院長)

引用:女子SPA!

すがすがしいほどに言い切ってくれていますが、実際にその通りでしょう。

骨盤が開くと言うのなら、レントゲンでも撮って見せていただきたいものです。

ちなみに骨盤矯正が目的ではなくて、腰痛のときに腰に巻くコルセットは、腹圧を高めて腰を安定させてくれるので、腰の痛みを和らげる効果があります。

骨盤矯正やストレッチも効果はない

高須院長が言うように、ちょっと骨盤を押し込んだり、ストレッチや体操をおこなったぐらいでは、何も変化はありません。

そもそも骨盤がどう歪んでいるかなんて、レントゲンを撮って見ないことには、なにも正確なことはわかりません。

たとえば、骨盤の周辺は先天的な形態異常が多いところなので、生まれつき左右で股関節の形状が違うこともあります。

骨盤矯正

そうすれば、その影響で骨盤の高さも変わりますし、足の長さも左右で違って当たり前です。

それをレントゲンも撮らずに不正確な情報だけで、「骨盤が歪んでいる」と言う施術者がいるとしたら、患者側が確認しようのないものを、うやむやにしてごまかしているだけですよね。

たぶん患者側だけではなくて、実際は施術者もなにも分かっていないのでしょう…。

骨盤の歪みが原因の腰痛の治し方

本当に骨盤の歪みを治したいのなら、まずはレントゲンを撮って、骨盤の状態を正確に分析しましょう。

骨盤のレントゲンを見る医師

これで、

  • 骨盤に先天的な形態異常はないか?
  • 正常な状態と比較してどこが、どのように、どれだけ歪んでいるか?
  • 本当に矯正をしても大丈夫か?(なかには触ってはいけない爆弾のような骨盤があります…)

という情報が、レントゲン上で客観的な画像データになって、確認できるようになります。

この情報もなく骨盤を触るのは危ないですし、そもそもどう歪んでいるかも分からないものを、矯正するのは不可能です。

骨盤だけではなく全身を見るようにしましょう

上で説明したように、ものすごい尻餅をついたとかでもなければ、ほとんどの骨盤の歪みは、本質的には首の歪みの補正です。

骨盤だけ矯正をして首の歪みが残ったままだと、歪んだままの首をまた補正しないといけませんから、すぐに歪んだ状態に戻ってしまいます。

しかし正しい手順を踏んで、首も同時に矯正をおこなえば、骨盤の歪みはきちんと治ります。

骨盤矯正の効果,プレポス

そうすれば、偏って腰にかかっていた負担も解消しますから、腰周りの筋肉へのよけいな負担もなくなって、腰痛も出てこなくなりますよね。

この根本的な問題を取り除かないで、整体やマッサージに行っているようでは、根本的な原因が解消されないですから、癖になったようにいつまでも腰痛に悩まされるでしょう。

腰痛はぶり返すというよりも、そもそも治っていないというのが正解ですね…。

まとめ

骨盤が歪んで腰痛が出てくるのは、けっこう単純な力学的な問題です。

ただしメカニズムは単純であっても、一人ひとり条件が違う骨盤の歪みを正確に把握するためには、レントゲンで見てみる以外にありません。

専門的な知識がなければ見分けるのが難しいかもしれませんが、あまり科学的な根拠のない医療情報には、振り回されないように気をつけましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する