腰椎分離すべり症で足がしびれて仕事ができなくなる前に治療しよう!

腰椎分離すべり症,アイキャッチ

From:原田達矢

慢性的な腰痛に悩んでいる人は多いと思います。ところが、いつまでも腰の痛みをそのままにしていると、いつの間にか腰の骨が折れてしまうことがあるのは知っていますか?

腰椎分離症・分離すべり症」というのですが、腰痛がひどくなってきて病院で検査を受けると、骨折しているのが分かることがあります。

事実、うちでも矯正をするためにレントゲンを撮っていますが、撮影をお願いしている病院で診察してもらったクライアントが、「すべり症」と診断されて帰ってくることがよくあります。

腰痛を限界までガマンしてしまって、どうしようも無くなってから後悔する人が多いので、腰が痛いときに体の中で何が起きているかと、早く対処するべき理由を解説しておきます。

腰痛持ちの人の腰はどうなっている?

背骨を横から見ると、椎骨ついこつというブロック状の骨が積み重なってできていて、それがさらにS字にカーブをしています。

そのなかでも腰の骨は腰椎ようついというのですが、お腹の方に向かって弓なりにカーブをしています。

このカーブがバネのように伸縮してくれるので、ずっと同じ姿勢をしていたり、歩いたり走ったりしたときの腰にかかる衝撃を、うまく吸収してくれるような構造になっています。

脊柱,腰の前弯,生理的湾曲

うちではすべてのクライアントにレントゲンを撮ってもらって、骨格の状態を分析していますが、腰痛持ちの人は腰のカーブがなくなっていることが多いです。

カーブがないということは腰のバネが伸び切った状態になるので、うまく衝撃を吸収できなくなりますから、動くたびに腰によけいな負担がかかります。

そうなると腰をかばうために、腰回りの筋肉も過剰に働きますから、すぐに筋疲労を起こして硬くなって、痛みを感じるようになります。

カーブがない腰

これが簡単な腰痛の原理です。

ちなみに、腰痛が慢性化してなかなか治らないのも、腰のカーブを戻さずに周りの筋肉ばかりを緩めているからです。

カーブを戻さずに筋肉だけを弛緩させても、腰をかばうためにまたすぐに筋疲労を起こして硬くなりますから、永遠にイタチごっこが続きます。

カーブがない腰で動いていると椎間関節に負担がかかる

腰のカーブは静止時や運動時には、適度に伸縮しながらクッションのように働いています。

そのときも骨がずれたりしないように、背骨の一つひとつが「椎間関節ついかんかんせつ」というもので、しっかり固定をされています。

椎間関節

しかしカーブがない状態では、背骨にかかる衝撃を逃がせなくなるので、それを固定している椎間関節にも大きな負担がかかるようになります。

ですので、頻繁な力仕事やスポーツなどで、繰り返し腰に負担をかけ続けていると、椎間関節への疲労が蓄積していきます。

椎間関節の固定が外れると腰椎がすべり始める

椎間関節は腰椎と呼ばれる腰の骨を、連結させてしっかりと固定しています。

しかし習慣的に椎間関節に負担をかけ続けていると、関節が疲労骨折を起こしたり、骨が変形して固定がゆるくなり、ロックが外れてしまうことがあります。

そうするとお腹に向かってカーブしている腰の構造上、固定が外れた腰椎は重力に引っ張られて、前方へすべっていってしまいます。

すべり症のレントゲン

これを「すべり症」と呼んでいます。

また、すべり症はその発生機序によって、おおまかに二種類に分けられます。

腰椎分離すべり症

椎間関節が疲労骨折を起こすために、関節が分離されて発症します。

保育士さんや介護関係など力仕事が多い職業の方や、スポーツ選手など頻繁に腰に負担をかける人によくみられます。

疲労骨折とは
一度では骨折を起こさない程度の力が、骨の一箇所に繰り返し加えられることによって発生する骨折のこと。

腰椎変性すべり症

疲労骨折を起こすほどではなくても、繰り返し負担をかけ続けていた椎間関節は、すり減って変形してしまうことがあります。

関節が変形してしまうと、噛み合わせがゆるくなってしまうので、その際に固定が緩んで外れてしまいます。

骨の変形は、長年、腰を酷使してきた結果なので、疲労骨折に比べると中高年の方に多いのが特徴です。

また、腰椎の変形は食生活や体重の影響を受けることもありますから、肥満体型の人も腰痛を訴えてレントゲンを撮ってみると、すべり症を起こしていることが多い傾向にあります。

腰椎がすべり始めたときの症状

疲労骨折であっても関節の変形であっても、腰椎がすべっていることに変わりはないので、同じような症状が起こります。

腰の痛みやだるさに加えて、以下のような症状を訴えることが多いでしょうか。

腰の不安定感

本来、椎間関節で連結されている腰椎が外れて、固定が効かなくなるので腰が不安定になり、長時間同じ姿勢をしているのがきつくなります。

腰がグラグラする、腰の位置が定まらないなど、人によって表現は違いますが、実際にそのとおりで、固定が外れて不安定になるので、腰に体重がかかったときに支えることができなくなります。

すべり症で腰が痛い女性

このような人は、同じ姿勢で座ったり立ったりしていると腰が痛くて、こまめに体勢を変えて腰にかかる体重を分散させてあげないと、じっとしていることもできないことが多いです。

また、歩いたりしてもお尻や太ももが痛くなってくるので、短い距離しか歩けなくなります。

こういうのを間欠性跛行かんけつせいはこうといいますが、少し体を曲げて休憩をすると、ふたたび歩けるようになるのが特徴です。

足がしびれて力が入らなくなる

腰の骨がすべってしまうと、すぐ後ろを走っている脊髄という神経の大元の組織を巻き込んでしまいます。

すべっている場所やすべり方によって、症状の出方は変わりますが神経圧迫が強くなると、神経伝達に障害が起きて腰に力が入らなくなったり、足がしびれてきたりします。

すべり症の脊髄圧迫

その腰の痛みや足のしびれは激痛で、力が入らなくなって、起き上がることもできない人もいるほどです。

腰椎分離すべり症の治療法とやってはいけないこと

結論から言ってしまうと、腰椎が分離してすべってしまったら、治ることはありません。

椎間関節の離断は手の骨折のように、折れたからといってギプスで固定するわけにもいきませんから、折れたまま骨折面が閉じてしまって繋がることがないからです。

それに矯正をするにしても、骨を固定するための椎間関節が割れてしまっているので、いくら骨の位置を戻そうとしても正しい位置でとどめておけないので、またすぐにすべってしまいます。

すべり症の治療例

しかし腰や下半身の症状自体は、神経の炎症が主な要因なので、炎症さえ鎮めてあげれば痛みやしびれは治まります。

あとは、すべってしまった腰椎は戻せないにしても、ほかの戻せる骨は戻してしまって、すべっている腰椎にかかる負担を軽減させてあげるような処置が主になります。

実際、うちにもすべり症のクライアントはたくさんいますが、「症状は取れるけど治らない」という説明に、納得してもらって理解していただいた方だけ治療するようにしています。

ですので、

  1. 腰の痛みや足のしびれを可能なかぎり軽減させる
  2. いま以上に悪化して手術になるのを防ぐ

というのが、治療の目標になります。

すべり症の悪化を止めることはできますし、ふだんの腰痛や足のしびれも改善しますが、すべっている腰椎が戻らないので、無理をすると少し症状が出てくることが多いです。

一度腰椎がすべってしまうと、対症療法で騙し騙しやり過ごす以外に方法はありませんから、すべり始める前に腰のカーブを戻して予防するのが大事です。

腰を反らせるストレッチ・体を捻る運動は控えましょう

腰を反らせたり、捻ったりするような動作は、前方にすべってしまった腰椎をさらに押し出すような力が働くので、極力さけるようにしましょう。

ストレッチで腰を反らせるような運動は絶対にダメですし、ヨガなどの体操をするときも、体を捻るような運動はやめておく方がよいです。

腰をそらす女性

ただし体を動かす量が減って腹筋が落ちてくると、すべっている腰椎を押さえることができなくなるので、さらにすべりが強くなります。

適度な運動は必要なので、うちではすべり症のクライアントには、ストレッチなどの体操は控えて、ウォーキングをするようにお伝えしています。

ステージ2以上は手術も選択肢に入れましょう

腰椎分離すべり症は、分離している椎体がどれだけすべっているかによって、4段階に分けられます。

脊髄を圧迫する程度にもよりますが、ステージ2以上では症状もかなり強いはずです。

そうなると仕事どころか、日常生活もままならなくなってしまいますから、なかなか症状の改善がみられない場合は、手術も視野にいれた方がよいでしょう。

手術をしたからといって、痛みやしびれがなくなるかは話がべつですが、動けるようにはなるはずです。

まとめ

うちには整形外科や整骨院で治らなかった人が来てくれるので、特別に多いのかもしれませんが、腰痛のクライアントが来てくれたときには、すでに腰椎がすべっていることがよくあります。

腰が痛いからといって、今日明日で骨が割れてくることはありませんが、一度すべってしまったらあとは悪化を防ぐことしかできません。

  • 慢性的な腰痛はマッサージではなく、根本の原因から解決する
  • いつまでも腰痛を放置して、すべり症になったら完治は不可能

たかが腰痛と甘く考えていると、あとで後悔することになるかもしれませんから、このことは覚えておいてください。

限界まで我慢してどうしようも無くなってからでは遅いので、慢性的に腰痛がある人は根本の原因に目を向けて、余裕を持って早めに取り除いてしまいましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する