あなたの自覚症状は信用できないので、きちんと検査した方がいいですよって話

自覚症状は信用できない

From:原田達矢

この前初めてきてもらった人で、『整骨院で首を触られると、次の日は動けないほど体がだるくなる…』っていう人がいたので、それについて軽く書いていこうと思います。

ちなみに、首を触られてしんどくならなかったのは、うちが初めてらしいです。

あ、自慢する訳ではないです。それにもきちんと理由があるので、その辺を軽く説明していこうと思います。

病院ならまだしも、整骨院なんて問診をしただけで、たいした検査もせずにすぐにベッドに寝かせられて、電気を当ててマッサージをするところが多いと思います。

でも、問診であがってきた自覚症状だけをアテにして、体を触るのって、危ないんですよね、、、

自覚症状があんまり信用できない理由

体の調子が悪くなってどこかで診てもらうと、必ず「どんな感じですか?」みたいな問診があると思います。うちでもやりますし。

でも自覚症状なんて、同じ痛みでもその人によって感じ方は違いますよね。

痛いのが嫌いな人もいれば、痛いのに慣れていて死ぬこと以外はかすり傷、みたいな人もいるので。

それにもっと大事なのは、「どこがどんな風に痛いか?」よりも、『なにが原因で痛いか?』っていう根源の問題の方です。

あと、ちょっと真面目な話をすると、長いこと慢性的に同じ症状があると、神経の閾値が上がるので、知らないうちに自覚症状が変化してくることもあります。

簡単に言うと、持続的に神経に痛みの刺激が加わり続けるので、神経が麻痺してきて、あまり痛みを感じなくなったりします。

それに人間なんてせいぜい一番痛い所の、一箇所か二箇所ぐらいしか自覚していないです。

でも、じつは神経の分布的には、他のところにも痛みは出ていないか? の方が大事やったりします。

原因を突き止めるのは、あくまでも『検査』

ぶっちゃけ、首が痛い、腰が痛い、手足がしびれる、とか何にしても自覚症状というのは、その人の主観に基づいた情報なので、それだけではなにも確定できないです。

できることは、あくまでも『推測』ぐらいのものです。原因はこんな感じかな~、みたいな。

そうではなくて、原因を特定するための唯一の手段は、『検査』です。

それも科学的な根拠に基づいていて信頼性があり、誰が何度やっても同じ結果が出る再現性のある検査。

検査に科学的な根拠がなければやる意味もありませんし、検査をする人が変わるたびに結果がコロコロ変わるような、手で行うだけの徒手検査でも意味がありません。

というか、問診で自覚症状をヒアリングするのは、あくまでも確認作業みたいなもんです。

自覚症状はきちんと検査結果のとおりに出ているか? っていう。

検査結果と自覚症状が一致していれば、それを取り除けばいいだけですし、まったく検査結果と一致しない症状が出ているのなら、他に何か疾患があるかもしれないので、もっと詳しく別の検査をする必要も出てくるかもしれません。

だから、問診やカウンセリングだけ一所懸命やってもらっても、「検査」が抜けていたら片手落ちですよね。

なので、整骨院とか整体なんて、いくら通っても楽になることはあっても、「治る」ということはないですよね。何も検査なんてしないですから。

だから、しんどくなる度に、ずっと通い続けないといけないですよね。

で、首を触られるとしんどくなっていた理由はこれ

冒頭でお話した、『整骨院で首を触られると、翌日動けないぐらいしんどくなる…』っていう人。なんでそんなことが起こるのかというと、、、

首に形態異常(奇形)があったからです。

奇形って言うとちょっと言葉のインパクトが強いですが、人間の骨の形なんてみんなバラバラなので、だいたいの人は奇形があります。僕もありますし。

体格や顔の造りも違うわけですから、当たり前ですよね。

で、整骨院や整体で受ける矯正治療は危険!骨が歪んでる?それは本当?根拠は??っていう記事に詳しく書いたんですが、その人は上部頚椎に奇形がありました。

上部頚椎って言うと、読んで字のごとく首(頚椎)の上部で、脳に近いところです。

ここは自律神経が密集している場所なので、むやみやたらに触ると自律神経が乱れてしまって、めまい、ふらつき、吐き気、倦怠感など、いろいろな症状が出てくることがあります。

首を触られてしんどくなっていたのは、肩がこるからって、その奇形している骨の所をグリグリ揉んでいたから。

うちで大丈夫だったのは、レントゲンを撮っているので、「うわ…奇形や…」っていうのが、検査して事前に分かっていたので、それを踏まえて治療したからです。

まあ、こうやって予め知ってれば、誰でもできますけど(笑)

だから検査って大事なんですよね。

最後に

必要な情報を拾うためには、きちんとカウンセリングそして自覚症状を聞いていくのは大事です。

でも、もっと大切なのは客観性のある検査で、あなたの体の状態をきちんと数値化したり、画像化したりして、検査結果と自覚症状を照らし合わせることです。

たぶん、あなたも意外と自分の体の状態って、分かっているようで分かっていないと思うので(笑)

まあ、整骨院とかマッサージが好きで通うのはいいと思うんですけど、その場しのぎではなくて、きちんと症状の原因を根本的に取り除きたいのであれば、、、

きちんと検査をして、『なにが原因か?』っていうのを突き止める方が、大事じゃないですか?

だって、原因が分かっていないのに、問題を解決しようとしても、それは無理でしょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する