顎関節症の原因は首だった!?病院で治療法がないときのアゴの痛みの治し方

顎関節症,アイキャッチ

From:原田達矢

「あごが痛いんですけど、これも骨が歪んでいるのが原因ですか?」

初診時にレントゲン分析やカウンセリングをしていると、ときどき顎関節症がくかんせつしょうについて質問されることがあります。

一般的に顎関節症は、歯並びや噛み合わせの問題だと言われているのですが、実際はいろいろな要因が絡み合っているので、これといった原因を特定しにくいのが正直なところです。

しかし顎関節は頚椎けいつい(首の骨)との関係が深い場所なので、もし首が歪んでいるのなら、その影響を受けていることがよくあります。

歯列矯正やマウスピースであごの痛みが改善しない場合は、いちど頚椎との関連を調べてみると良いでしょう。

顎関節症と代表的な症状

顎関節症を簡単に説明すると、「口を開けにくい」「あごが痛む」「あごを動かすとカクカク音が鳴る」など、顎関節周辺の異常が代表的な症状としてみられる疾患です。

食事中にものを噛んでいたらあごが痛くなったり、あくびをして口を思いっきり開いたときに、カコッと音がして痛んだりする事が多いでしょうか。

顎関節症の女性

このうち、親知らずや歯茎の腫れ、口腔ガンや咽頭ガンなど、あご周辺の疾患などが見られないものが、顎関節症と診断されます。

顎関節症の原因として、一般的に言われているのは、

  • 歯並び
  • 噛み合わせ
  • 関節円板のずれ
  • 精神的ストレス
  • 外傷(あごを強打した)

など、口腔内や顎関節自体の問題が多いのですが、ここでは骨格の観点から顎関節症の原因について解説していきます。

顎関節痛と骨格の関係

あごの関節は、頭の骨の側頭骨にある下顎窩というくぼみに、下顎骨の下顎頭という突起がはまり込んで出来ています。

そしてその関節のすき間には、関節円板というクッション組織が挟まっていて、ぐっと歯を噛み締めたときに、あごにかかる圧力を吸収してくれるようになっています。

顎関節

その顎関節を含む頭全体を支えているのが頚椎で、人間は二足歩行で生活していることが理由で、ほとんどの時間を首で頭を支えながら過ごさないといけません。

首の上に頭がまっすぐ乗っていたら問題はないのですが、首が歪んでしまうとその上に乗っている頭も歪むので、あごもいっしょに歪んでしまいます。

首が歪むとあごの軸がずれる

顎関節は左右の関節があごの骨で連結されているので、片方が動くとかならずもう片方も連動して動くようになっています。

ですので、首が歪んで頭といっしょにあごが歪んでしまうと、左右の顎関節の軸がずれてスムーズに開閉できなくなってしまいます。

顎関節の開閉

そうすると、関節の軸がずれたまま口を開閉しないといけなくなるので、途中で引っかかったりしてなめらかに動かなくなり、口を開けたりしていると痛みが出やすくなります。

また、顎関節の軸がずれやすい歪み方というのもあるので、実際の症例を見ながら解説していきます。

顎関節症と首のねじれ

あごの痛みを訴えるクライアントでいちばん多いのは、首がねじれて歪んでいる人です。

首がねじれてしまうと、上に乗っている頭もいっしょに回旋してしまうので、顔が横を向いてしまいます。

横を向く女性

しかし、横を向いたまま生活する訳にもいかないので、脳は無意識に補正をかけて、頭を捻ってむりやり顔を前に向けようとします。

そうすると、とりあえず顔は正面を向くけれど、頭の歪みがより大きくなり、あごがよけいにずれてしまいます。

口を開けるとカクカクと音がして痛い

首がねじれてアゴがずれることの問題点は、左右の顎関節の前後の位置と、高さが変わってしまうことです。

あごは左右の関節が連結されているので、かならず連動して動いてくる性質があり、どちらか片方だけ動かすことは出来ません。

顎関節のずれ

なので、口を開けるときも左右の関節の軸がそろっていないと、関節がずれながら動いてくるので、こすれてカクカクと音を鳴らしながら不自然に開きます。

そしてそのまま不均衡に開いてきた結果、大きく口を開けて最大開口したときにカクッと引っかかり、違和感や痛みが出やすくなります。

顎の関節が片方だけ痛い

あごの軸がずれていると、顎関節が片方だけ痛むことも多いです。

軸が揃っていれば下顎骨はまっすぐ下に降りてくるのですが、あごの軸に左右差が生じると斜めにずれながら開いてしまいます。

顎関節症で片方の顎だけ痛いレントゲン

そうすると、片方だけ開きにくくなったりもしますから、ものを噛むときに片側の奥歯しか使わなくなることがあり、片方の顎関節に負担がかかりやすくなります。

その結果、いつも噛んでいる方の顎関節は疲労しやすくなって、片方のあごに痛みが出やすくなります。

咀嚼筋のバランスが崩れ頭痛が起こる

顎関節症の人は、頭痛に悩まされていることも多いのですが、これも骨格の歪みが影響しています。

あごの動きに関係しているのは、咀嚼筋そしゃくきんという筋肉で、これであごの骨を支えたり、口を開けたり閉じたりしています。

顎関節症,頭痛

咀嚼筋は側頭部からあごに付いているので、頭を歪めて首のねじれを補正するときに、不自然に引っ張られて左右の筋肉の緊張が不均等になってしまいます。

そうすると、疲労やストレスで咀嚼筋に過緊張が起きたときに、こめかみが締め付けられて頭が痛くなってきます。

また、首の歪みが引き起こすのは顎関節症だけではありませんから、単純に頭痛を併発していることもあるでしょう。

ストレートネックになると口が開きにくい

顎関節症のなかでも、口を開けにくくなる開口障害や、ものを噛んでいるとあごがだるくなる人は、ストレートネックになっていることが多いです。

首を横から見たときは、顔の方を向いてカーブがあるのが正常で、これがなくなったものをストレートネックと呼びます。

ストレートネックが顎関節症の原因となるのは、あごの角度が変わってしまうからです。

あごの動きが制限されてだるくなる

通常、正面を向いた状態では、あごは少し上を向いているのが正しい形です。

しかし、ストレートネックになると頭の重心が前方に移動して、頭が前に垂れ下がったような形になり、あごの角度も下を向いてしまいます。

そうすると、単純に顎関節の動く範囲に制限がかかるので、あごの開け閉めをしにくくなります。

顎関節症,ストレートネック

この文章を読んでいる人は、ちょっとおヘソを見ながら口を開け閉めしてほしいのですが、たぶん前を向いた状態よりは口を開けにくいはずです。

あごの角度が下を向くというのは、大げさに言うとその状態なので、それで物を噛んだりしていると、あごが疲れてすぐにだるくなり、ひどくなると痛みが出てきます。

また、首のカーブは頭を支えるクッションの役割もしていますから、首にカーブがない人はあご以外にも、首や肩の痛みにも悩まされていることが多いはずです。

歯列矯正で改善しないなら首の矯正を考えてみましょう

顎関節症は歯並びや噛み合わせ以外にも、過去の外傷によっても出てくることがあり、なかなか原因を特定しにくいところはあります。

でも、いろいろな方法を試しても効果がない場合は、いちど首の歪みとの関連を調べてみるのも良いでしょう。

首の捻じれ,改善

首の歪みが顎関節症に影響しているなら、それを戻すことによって顎関節がきれいにはまり、元の動きを取り戻して痛みもなくなるはずです。

先天性の問題なら手術しかない

顎関節症で首の矯正を受けるときは、かならずレントゲンで顎関節と頚椎の状態を確認してください。

顎関節は先天性の形態異常が多い関節で、そもそも生まれつき左右であごの大きさが違うことがあります。

先天性顎関節症のレントゲン

そうすると、左右同時に連動して動く顎関節の性質上、骨の大きさが違うと左右同じようには動かないので、負担がかかって痛みが出やすくなります。

もし顎関節の形状に先天的な問題がある場合は、首の歪みを矯正しても効果はありませんから、どうしても気になるなら外科的な手術以外に方法はありません。

整体やマッサージではなく病院で診てもらう

ここでは分かりやすいように簡単に説明していますが、骨格の歪みはそんなに単純なものではないです。

あごの形がどうなっているかや、首の歪みがどうなっているかは、手で触っていてもわからないので、確実なことはレントゲンを撮ってみるしかありません。

顎関節症,マッサージ,整体

そもそも顎関節症はマッサージで治るものでもありませんし、整骨院や整体ではなく信頼できる医療機関で、きちんと診てもらうようにしましょう。

まとめ

意外と見落としている人が多いのですが、あごと首は解剖学的にも大きく関連しています。

あごが痛くて頭痛や肩こりもあるのなら、首の歪みが影響している可能性はかなり高いと言えるでしょう。

顎関節症自体は単なる症状なので、なぜ痛いのか根本原因を突き止めて、治療するのが大事だと思います。

レポートの無料ダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

メルマガcta

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

レポートを無料で受け取る

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する