首・肩こりの原因は体力がないからだと思っていました

首・肩こり,体力がない,アイキャッチ

From:原田達矢

今回ご紹介するのは、年齢が20代前半と若いのですが、首のこりでお越しいただいたクライアントの改善例です。

ちなみに答えを言ってしまうと、首や肩のこりの原因のほとんどが「首の歪み」が原因です。

しかも首が歪んでいる場合は、幼稚園児でも大人と同じように骨が歪んでいるので、あまり年齢は関係ありません。

クライアントのご紹介

首の痛み,こり,口コミ,評判

堺市 岩倉様

Q:はじめはどんな状態でしたか?

二年くらい前から首・肩のこりと目の疲れが気になるようになりました。

とくに仕事で重い物を持つことがあった日には、首のこりがきつくなっていつもストレスを感じていました。

Q:ここに来るまではどうされていましたか?

20代前半のこの年齢でこんなに首がこるのはおかしいと思って、最初は体力がないのかもしれないと考えてジムに通うようになりました。

たしかに、ジムに通いだしてからは体力が付いたのか、疲労感は軽減して仕事が忙しくてもそれほど疲れないようになりました。

でも、肝心の首のこりはあまり変わりませんでした。

Q:ここにはどういうキッカケでお越しいただけましたか?

ジムに行って筋トレをしても首のこりが全然マシにもならないので、これは何か違うと思って調べているうちに、カロマさんのホームページを見つけました。

ホームページを読んでいるうちに、「もしかしたら自分の首は歪んでいるんじゃないか?」と思い、予約の電話をしました。

Q:矯正治療を受けてみていかがでした?

レントゲンを撮ってみてもらうと、「首の骨がねじれている」という事でした。その後、説明とカウンセリングを受けて、矯正治療を開始しました。

効果は初回の矯正後にすぐ分かって、首が軽くなり、常に首の周りにあったこり感がいきなり軽減しました。

その後も継続して矯正を続けるうちに、首が硬く強張って顔を横に向けるのにも引っかかっていたのに、引っ掛かりが取れてスムーズに首が回るようになりました。

Q:今はどんな状態ですか?

いまは首のこりもほとんど気にならなくなり、いつも感じていた首と肩のストレスがなくなりました。首のこりがなくなったからか、いつの間にか眼精疲労も出てこなくなりました。

二回目に撮ったレントゲンでも、首のねじれは治っていました。

今は体の調子もいいので、この調子を維持するために、間隔を空けてメンテナンスの矯正治療を受けています。

最後に僕から

冒頭でも書いたように、首・肩こりの原因を突き詰めていくと、最終的には「首の歪み」に行き着きます。

首が歪んでしまえば、関節の噛み合わせが悪くなって、動かしたときに引っかかるようになりますし、歪んだ首を支えるために首と肩周辺の筋肉が常に緊張状態になります。

いくらマッサージをしたところで、首の歪みは治らないでしょうから、そのようなその場しのぎの対症療法を続けているかぎり、首や肩のこりが根本的に解消するということもありません。

ですので、もしあなたも首や肩のこりに悩んでいるのなら、一度首の歪みを調べてみましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する