自律神経失調症による原因不明の不定愁訴で食事も喉を通らず困っていました。

自律神経失調症,不定愁訴,アイキャッチ

From:原田達矢

この記事では、頭痛、不眠、火照り、ふらつき、食欲不振などなど、自律神経失調症による様々な症状で悩まれていたクライアントの改善事例をご紹介します。

クライアントのご紹介

堺市 川野様

Q:はじめはどんな状態でしたか?

昔から頭痛、首と肩こりがひどく、ずっと悩まされていました。

それが二年くらい前から特にひどくなってきて、原因不明のふらつき、食欲不振、体の火照り、不眠、上半身の力が抜けるような症状が出てくるようになりました。

Q:ここに来るまではどうされていましたか?

不安になって内科、整形外科、脳外科、神経外科など、いろんな病院で検査を受けましたが、どこの病院でも「異常なし」と言われるだけで、結局原因は分かりませんでした。

病院に行ってもそんな状態なので、その後はいろんな整骨院を転々として、一番ひどい時に比べれば楽になったのですが、まだまだ完全ではありませんでした。

Q:ここにはどういうキッカケでお越しいただけましたか?

整体に通っていても、『前向きな気持が大事』というような精神論ばかりで具体的な説明がなく、自分の身体がどうなっているのか怖くなり、一回きちんと診てもらおうと思いました。

それでネットでいろいろ調べているときに、カロマさんのホームページを見つけて、予約の連絡をしました。

Q:矯正治療を受けてみていかがでした?

まずは病院でレントゲンを撮って、骨格の歪みについて説明を受けました。

私の首は正常なサンプルのレントゲンとは、逆に首が曲がっていて、とてもひどい状態だということを教えてもらいました。

そのレントゲンを見ながら、私身体の状態と治療方針の丁寧な説明を受けて、矯正治療をお願いすることにしました。

初回の治療後はあまり変化を感じなかったのですが、三回目の治療が終わった頃から、首と肩のこりが少しずつ楽になって、夜もよく眠れるようになり、気がつけば頭痛も全く感じなくなりました。

その後も矯正治療を続けていくと、パソコンの画面をスクロールするだけで、目が回ってふらついていたのがなくなり、食欲が湧かず一週間の半分は食事を取れなかったのですが、毎日食事をとれるほど体調が良くなりました。

Q:今はどんな状態ですか?

二回目のレントゲンで歪みをもう一度確認した時は、前は歪んでいた首が元に戻っているのも見せてもらいました。

体調が悪かった時は、休日になっても何処も出掛ける元気が無かったのですが、今では体調も完全に戻って、子供と遊びに行ったりして元気に過ごしています。

最後に僕から

体の調子が悪く、気分も落ち込んでいる人に「前向きに頑張りましょう」とか言っても、そんなことは無理でしょう。しんどいのに。

とくに、このケースのような自律神経の失調による様々な不定愁訴は、その原因を突き詰めていくと「骨格の歪み」であることが非常に多いです。

骨というのは脳を覆い、脊髄を包んで神経系の保護をする組織でもあるからです。

その骨が歪んでしまうと、中に収まっている脳や脊髄の神経伝達が阻害されてしまうので、自律神経にも変調をきたし、様々な不定愁訴が出ます。

「矯正治療」というと、単なる整体のように思う人もいるかもしれません。

ですが最先端骨格矯正についてというページにも書いてある通り、本当の骨格矯正は脳からの信号を邪魔している骨格の歪みを取り除き、神経の働きを正常化させるためのものです。

ですので、不定愁訴や自律神経の乱れに困っている人は、一度骨格の歪みを確認してみてください。たぶん、歪んでいるはずなので。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する