坐骨神経痛で5分も歩けなくなり、このまま寝たきりになるのでは…と心配していました。

坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、口コミ、評判

From:原田達矢

このページでは、脊柱管狭窄症から起こる坐骨神経痛が原因で、腰痛と右足全体のしびれが止まらなくなり、歩くのも苦労されていたクライアントの改善例をご紹介します。

クライアントのご紹介

坐骨神経痛,脊柱管狭窄症,評判,口コミ

堺市 北川様

Q:はじめはどんな状態でしたか?

若い頃から慢性の肩こり症で、ずっと近くの整骨院に通っていました。

それが庭の掃除をしていて植木鉢を持ち上げた時に、腰に激痛が走り、右足全体が痺れる様になりました。

それからは、歩いていると腰と右足が痛み出して、5分と歩けない様な状態になりました。

さらに夕方になるとじっと立っているだけでも腰が痛みむほどで、右足全体がなんとも言えないダルさとしびれに襲われるようになり、台所に立っているのも辛くなりました。

それで、なにもする気力がなくなり、午後はほとんど横になって過ごしていました。

Q:ここに来るまではどうされていましたか?

整骨院に通っていました。

しかし、二ヶ月たっても腰痛と足のしびれが良くならず、それどころか、少しずつ痛みがきつくなっていきました。

整形外科でも診てもらいましたが、「坐骨神経痛」と言われただけで、たいした治療はしてもらえず、歩けないことに対しての恐怖心が次第に大きくなっていきました。

Q:ここにはどういうキッカケでお越しいただけましたか?

「このままやったら寝たきりになるのでは…」と、悩んでいる時に、娘がカロマさんのホームページを見つけ、予約をお願い致しました。

Q:矯正治療を受けてみていかがでした?

80歳を目前にした年齢で良くなるのか不安もありましたが、先生の「大丈夫」という言葉を信じて矯正治療を始めました。

効果は治療を始めて二週間を過ぎた頃から表れました。腰痛と右足のしびれが軽くなってきたのです。

今までは5分も歩けなかったのに、一ヶ月が経つ頃には、一人でバスに乗って買い物に出かけられるようになりました。

Q:今はどんな状態ですか?

腰痛も右足の坐骨神経痛も全くなくなりました。

自宅近くの100段ほどの階段を休憩なしで登れる様になって、問屋街を朝から夕方まで歩き回って買い物をしたり、神戸まで観劇に出かけたりと、以前の自分では考えられないほど元気になりました。

寝たきりになる心配をしていたのが、身体が元気になると欲が出て来るもので、気持ちも前向きになり、最近は出掛ける事が多くなりました。

最後に僕から

痛いところがあると、精神的にも落ち込みやすいんですが、元気になられて良かったです。

ちなみに、年齢を言い訳にして、『歳やから…』と諦めている人って多いと思いませんか?

年齢の影響がまったく無いとは言いませんが、80歳を過ぎていても、きちんと原因を突き止めて、それが取り除けるものであれば、そんなことに関係なく症状は改善していきます。

とはいえ、本人が諦めてしまっていたら、何を言っても無駄なので、結局は本人次第ですね。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する