下半身に力が全く入らなくなり、右足全体がしびれて歩くのにも苦労していた腰椎椎間板ヘルニアが治りました

テスティ・中塚様

今回はうちのクライアントの体験談をご紹介します。

腰のヘルニアでお越し頂いたのですが、当初は右足に力がほとんど入らず、普通に歩くのも苦労するような状態でした。

クライアントのご紹介

IMG_0807

和泉市 中塚様

Q:はじめはどんな状態でしたか?

仕事が立ち仕事なのも関係あるのか、ずっと腰痛に悩まされていました。

カロマさんにお世話になるちょうど一年ぐらい前の旅行中に、腰のヘルニアになりました。

その旅行中に突然腰に激痛が走り、下半身に力が入らなくなって、地面に倒れこんでしまいました。

そのまま立ち上がることができなくなって、救急車で近くの病院に運び込まれて、そこで『腰椎椎間板ヘルニア』という診断を受けました。

Q:ここに来るまではどうされていましたか?

二週間ほど仕事を休んで自宅で安静にして、何とか歩けるぐらいには回復していました。

それでも以前よりも腰痛がひどくなり、右足全体に痺れ(しびれ)が出てきて、仕事に行くのがやっとの状態でした。

いろんな病院や整体に通ってリハビリや治療を続けていましたが、いっこうに良くなる気配が見えなくて本当に困っていました。

Q:ここにはどういうキッカケでお越しいただけましたか?

もともと母の知り合いがカロマさんに通っていて、その人が私の状態を見かねて紹介してくれました。

Q:矯正治療を受けてみていかがでした?

腰のヘルニアなのに「悪いのは首!」と言われて、『はい???』と思いました。

でもレントゲンを見ながらの説明に納得がいったので、矯正治療をお願いしました。

治療を始めると三回目の治療後あたりから、歩くのがやっとだった腰痛と右足のしびれが和らぎ始めました。

それからも治療を続けていると、電車に乗り遅れそうになった時に、駅の階段を無意識に走っていてビックリしました。

今までは何をしても良くならなかったので、希望が見えてきたような気がしました。

Q:今はどんな状態ですか?

二回目のレントゲンで骨の歪みが綺麗に戻っているのも見せてもらいました。

仕事が忙しい時は、少し腰がだるくなったりはしますが、以前のような腰痛や右足のしびれは感じなくなりました。

ヘルニアになる前よりも元気になったような気がして、こんなに良くなるものかと感動しています(笑)

最後に僕から

中塚さんの場合は、症状自体はかなり重度な部類だったんですけど、レントゲンを見てみると『ヘルニアの教科書通り』みたいな歪み方でした。

なので、僕からすると「こんなんで喜んでくれてありがとう(笑)」って、ちょっと申し訳なかったです(笑)

レポートの無料ダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

メルマガcta

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

レポートを無料で受け取る

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する