坐骨神経痛はただの症状名だ!足がしびれる原因を突き止めて治療しよう

足のしびれ,坐骨神経痛,アイキャッチ

From:原田達矢

足がしびれる原因で一番多いのは、坐骨神経痛でしょう。

代表的な症状はお尻から足にかけての痛みやしびれですが、ひどくなってくると同じ姿勢で座っているだけでもつらく、車の運転にも支障をきたすほどです。

最悪の場合、手術になることもありますが、手遅れになる前に適切な治療を始めれば、手術をしなくても坐骨神経痛の神経症状を完治させることは十分に可能です。

しかし、坐骨神経痛は単なる症状名ですから、「なぜ坐骨神経が痛むのか?」を突き止めて、その原因を根本的に取り除かなければ完治に至りません。

ということで、坐骨神経に沿って痛みが出る根本的な原因と、その治し方について紹介をしていきます。

坐骨神経痛は症状名にすぎない

坐骨神経は人体のなかでも一番太く長い神経で、腰の骨から枝分かれしたあと、骨盤の中を通って足に伸びていきます。

この神経が圧迫されたときに炎症を起こして、痛みやしびれが出てくることを「坐骨神経痛」と言います。

坐骨神経

気をつけないといけないのは、坐骨神経痛は「頭痛」なんかと同じで、単なる状態を表す症状名にすぎないということです。

たとえば頭が痛かったとして、寝不足で頭が痛くても、二日酔いで頭が痛くても、頭が痛かったら「頭痛」っていいますよね。

それと同じで、坐骨神経痛も原因は何であれ、坐骨神経に痛みが出ていれば、すべて引っくるめて「坐骨神経痛」と呼びます。

それこそ、長い時間正座をしていて足がしびれるのも、ざっくり言えば坐骨神経痛です。

だからそんな表面的な問題よりも、「そもそも、なぜ坐骨神経が痛むのか?」という原因の方が重要です。

これを突き止めずにストレッチや整体のような、その場しのぎの対症療法を繰り返していても、根本的な改善にはなりません。

坐骨神経痛を引き起こす3つの原因

坐骨神経痛の原因になるもので多いのが、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間孔狭窄症の3つです。

後述しますが、これらの原因自体を突き詰めていくと、そのほとんどが骨格の歪みに行きつきます。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨には衝撃を吸収するための、椎間板と呼ばれるクッション組織があります。

骨が歪むことによって、椎間板が本来の位置から押し出され、すぐ近くを走る神経に触ってしまうことで起こります。

椎間板ヘルニア

どこに症状が出るかはヘルニアの発症部位によって変わりますが、腰の痛み、お尻から足に掛けてのしびれを感じることが多いでしょうか。

脊柱管狭窄症

坐骨神経の大元になる脊髄は、脊柱管と呼ばれる背骨の中の空間を通って、脳から腰まで下りてきます。

その脊柱管が骨の歪みにより変形して狭くなることで、坐骨神経の大元である脊髄自体を圧迫してしまうのが原因です。

脊柱管狭窄症

坐骨神経を根元から圧迫しているため、進行具合によっては両方の下肢全体に、痛みやしびれなどの神経症状が出るのが特徴でしょうか。

坐骨神経痛の原因の中でも、一番マズいやつですね。

椎間孔狭窄症

いわゆる「骨と骨の間隔が狭くなる」という状態です。

脊柱管の中を下りてきた脊髄は、骨と骨の間にある「椎間孔」という穴を通って、背骨の外へ出てきます。

骨格が歪むと骨の隙間が少なくなって、結果的に椎間孔も狭くなりますから、そこから出ている神経根を圧迫してしまいます。

椎間孔

坐骨神経を圧迫する場所が、椎間板ヘルニアとほとんど同じですから、症状的にもヘルニアとほとんど同じように出てきます。

体を横に倒すと痛みが強くなることもありますが、腰痛やお尻から足にかけてのしびれが多いでしょうか。

骨が歪んでしまうと、このようなことが原因となって、それぞれの場所で坐骨神経を圧迫してしまいます。

そうすると、物理的な刺激を受け続けた神経は炎症を起こしてしまいますから、神経に沿って痛みやしびれなどの神経症状が出てくるようになります。

その神経症状のことを、「坐骨神経痛」と呼んでいます。

足のしびれではなく、根本の原因を改善しましょう

坐骨神経は背骨のなかを通る脊髄から枝分かれして、足の先へと伸びていきます。

骨は神経が傷つかないように保護しながら、収納する容器のような役割もありますから、骨格が歪んでしまうと中に収まっている神経には物理的な刺激が加わって、確実に悪影響が出ます。

坐骨神経痛のレントゲン

極端な話をすれば、ヘルニアや脊柱管・椎間孔の狭窄症といった問題も、「どこの骨がどう歪んでいるか?」という違いでしかないです。

それを踏まえて、坐骨神経痛が痛むまでの順番を簡単にまとめると、このようになります。

  1. 骨格が歪む
  2. ヘルニアor脊柱管・椎間孔の狭窄が起こる
  3. 坐骨神経が圧迫されて足がしびれる

そこでほとんどの人は、③の足のしびれにばかり意識が向いて、それをどうにかしようとします。

でも、それは根本的な問題ではないので、表面的な症状に対してストレッチや整体のような治療をしたところで、対症療法にしかなりません。

いちばん大事なのはそもそもの原因である、①の骨格の歪みを取り除いてしまうことです。

坐骨神経痛が治ったレントゲン

骨の歪みが矯正されると、坐骨神経も圧迫から開放されますから、炎症が鎮まって自然に足のしびれも消えていきます。

坐骨神経痛の痛みは強烈ですから、どうしても足のしびれに意識が向いてしまうかもしれません。

でもそれは、骨が歪んだことの結果にすぎないので、「なにが原因か?」を考えて、その原因を取り除くように意識しましょう。

骨の変形が進行すると手遅れなので早めに治療しましょう

これはクライアントにもよく説明することなのですが、骨格の矯正治療にはタイムリミットがあります。

何年も歪んだまま矯正されなかった骨は、その負担に耐えられなくなってきて、いずれ変形して崩れてしまいます。

形が崩れてしまった骨は、矯正しても元の状態には戻らないので、こうなると矯正をしても骨は動きませんし、一生しびれが消えることもありません。

坐骨神経痛,骨の変形

こんなに形が崩れてしまっては、「これをどうしろと?」となってしまいますので、治療を始めるのは早いに越したことはありません。

できるだけ早く始めたほうが、治るのも早いし、きれいに治りますしね。

まとめ

坐骨神経痛については神経の炎症が治まれば、放っておいても数ヶ月くらいで症状が消えることがあります。

でもそれで「治った」と思って適切な治療を受けないでいると、時限爆弾のように体の中では進行していて、後々さらに強い症状になって再発することがあります。というか、たぶん再発します。

目先の問題にばかり意識が向いていると、根本的な原因を見落としてしまうかもしれません。

大事なのは「なんで坐骨神経が痛いか?」です。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する