肩こりがひどすぎて気分が悪いときの吐き気の原因と解消法

肩こり,吐き気,アイキャッチ

From:原田達矢

肩が凝り詰めてくると、気分が悪くなって吐き気がしてくることはないですか?

そんな人は薬を飲んでみたり、マッサージなんかに行って肩をほぐしてもらっても、楽になるのはそのときだけ。

心配になって病院に行こうにも、そもそも何科に行けばいいかも分からないし、検査をしても原因が特定できなくて、結局、根本的には何も解決しない人が多いと思います。

そこでこの記事では、肩がこってくると吐き気がしてくる原因と、その対処法をご紹介していきます。

なぜ肩が凝ってくると、気分が悪くなってくるのか?

これはよく言われるように、自律神経が影響しています。でも、さすがにそれだけではざっくり過ぎるので、もう少し詳しく解説していきます。

吐き気は自律神経にコントロールされている

人間の嘔吐は、脳と脊髄のつなぎ目にある脳幹というところの『延髄』という部分でコントロールされています。

脳幹,延髄

延髄ある嘔吐中枢というところに、刺激が加えられると吐き気を催し、嘔吐する仕組みになっています。

ちなみに、延髄には自律神経のコントロールセンターとしての役割もあるのですが、乗り物酔い、過度の飲酒、腐ったものを食べた、急激なストレスで胃が萎縮した、などのときに吐き気を催すのもここに刺激が加わるからです。

自律神経にある嘔吐中枢が刺激されると吐き気がする

肩こりで気分が悪くなってくるときに、関係があるのは延髄の場所です。

延髄はちょうど頭と首の付け根のあたりにあります。

首の付け根,神経,延髄

なので、首の付け根あたりがギューっと縮こまって凝りが強くなると、自律神経にも過緊張が起きて延髄の嘔吐中枢が刺激されます。

すると気分が悪くなって吐き気がします。

延髄の場所が首のかなり上の方なので、肩がこってきたら気分が悪くなる人って、どちらかといえば背中や肩甲骨よりも、頭と首の境目あたりの凝りの方がきついですよね?

と、こんな感じで、肩が凝ったときに吐き気がするメカニズムは、過緊張を起こした自律神経を通して嘔吐中枢が刺激されるからです。

吐き気がする人は首の付け根に歪みがみられる

首の骨は7個あるのですが、その中でも上から1~3番目の首の付け根あたりの骨を、上部頚椎じょうぶけいついと呼びます。

肩がこって気分が悪くなり、吐き気がするような人は、この上部頚椎に歪みがみられることが多いです。

上部頚椎,歪み,延髄

というのも、嘔吐中枢を支配する延髄の位置は、レントゲンで見るとちょうど上部頚椎のあたりになります。

なので、上部頚椎に歪みが生じると、構造上、延髄に物理的な刺激が加えられるようになって、頻繁にいろんな自律神経症状が出てくるようになります。

そのいろいろな症状のひとつが、嘔吐中枢に関連する吐き気だったりする訳ですね。

肩がこりすぎて気持ちが悪くなったときに、自宅で簡単にできる対処法

気分が悪いときは安静にしている方が良いんですが、ほかにもいくつか対処法あるのでご紹介しておきます。

首筋を冷やす

吐気がするときは、嘔吐中枢が刺激されて興奮状態にあるので、アイシングをして交感神経の興奮を抑えてあげるほうがよいです。

首,肩,頚椎,アイシング

体の調子が悪いときって、温めるか冷やすかの判断に迷うことがあるかもしれません。

でも、迷ったときは冷やす(アイシング)方を選択しておけば間違いはないです。

というのも、「肩が凝る」とかもそうなんですが、こういうのは神経や関節の炎症が原因なので、生理学的に考えて温める理由がないんですよね。

お風呂で温めない

さっきの話と重複するところもありますが、お風呂で温めても交感神経の興奮が促進するので、止めておいたほうが良いでしょう。

「温めて血流良くした方が良いんちゃうん?」と思うかもしれませんが、お風呂で温めたぐらいではたいして血流は改善されません。

お風呂,温める

というのも、お風呂に温めて体を温めたとしても、血流が上昇するのは一時的なものです。

人間はある程度体温や血流を一定に保つように出来ているので、体を温めて体温や血流が上がりすぎると、今度は自律神経反射が起きて上がりすぎた体温や血流を下げようとします。

冷え性

この時に、筋肉や血管を弛緩させて、体温や血流を下げ終えると、今度は熱を逃さないために反射が働いて、逆に筋肉や血管が収縮を始めます。

つまり、温めているときは良いけど、しばらく時間が経つと余計に筋肉が硬くなって血流が悪くなり、体温も低下するという、なんとも本末転倒な事が起こります。

例外的に疲労を抜きたいときは、体温が上がりすぎないようにぬるめのお湯で半身浴をするのは良いと思います。

でも、交感神経が優位になっていて吐き気がする時に温めても、デメリットしか無いです。

なので、肩こりがひどすぎて気分が悪いときは、シャワーだけで済ますか、お風呂に入っても半身浴だけにするようにしてみてください。

肩こりの原因を取り除いて吐き気が出てこないようにする方法

ここまでは、出てきてしまった肩こりや、吐き気を抑えるための対処法をご紹介してきました。

なので、ここからはそもそもの原因である、肩こりの原因そのものを取り除いていく方法をご紹介していきます。

肩こりの原因は首の歪み

結論から言ってしまうと、脳や心臓に疾患があるとかでもない限り、肩こりの原因は首の歪みです。

肩こり,カイホティック

首が歪んでしまうと、自分の頭が支えられないようになるので、首の関節に負担が掛って、首や肩、肩甲骨のあたりが痛くなります。

整骨院や整体に行っても楽になるのはその時だけで、なかなか根本的には治らないと思うんですが、それは首の歪みが戻ってないからという単純な理由です。

肩こりが限界を超えるとめまいが出ることも

肩こりがひどくて吐き気がする人は、めまいに悩むことも多いのですが、これにも理由があります。

延髄がある上部頚椎という場所なのですが、ここにはほかにも頭を首の上でまっすぐ受け止める、という働きがあります。

頭をまっすぐに乗せられていないと、首によけいな負担がかりますから、その状態で一日中パソコンを使っていたりすると、慢性的な肩こりに悩むようになります。

猫背

しかも上部頚椎が歪んでしまうと、肩がこりやすいだけではなく、自分の頭をまっすぐに受け止められなくなり、顔が傾いてしまいます。

めまいに関わっているのは、耳の奥にある三半規管さんはんきかんというものなのですが、顔や頭が傾いてしまうことで三半規管もいっしょに傾いてしまいます。

そうすると、平衡感覚へいこうかんかくにも狂いが生じますから、めまいを感じるようになります。

薬やマッサージに頼るのではなく根本の原因を解消しよう

これらの問題の根本は骨格の歪みなので、これを取り除いてしまわないと、根本的な解決にはなりません。

上部頚椎,歪み,矯正

しかし正しい方法で矯正をしてあげると、構造的な問題が解消されて、自律神経は物理的なストレスからも開放されます。

このように「なにが原因か?」というのをまず理解して、「どうやったらそれを解消できるか?」を、逆算していくと原因は意外と単純なことが多いです。

それなのに短絡的に、しんどいからといって薬を飲んだり、マッサージにいって筋肉をほぐしているだけでは、原因が解決できていないのですから、すぐに症状は再発してしまいますよね。

まとめ

嘔吐は延髄にある嘔吐中枢が一手にコントロールしているので、吐き気がするのはここに何らかの刺激が加わっている以外に、原因は考えられないです。

そして、脳の病気などの重篤な疾患を除けば、肩がこって気分が悪くなってくるのは、たいてい『首の歪み』が原因です。

脳に問題はないので、病院に行っても原因が見つからないのは、当たり前っちゃあ当たり前なんですよね。

こんな感じで、『何が原因か?』っていうことさえ分かってしまえば、あとはそれを解消するだけです。

あ、腐ったものを食べたとか、昨日の晩お酒を飲みすぎたとかは知らないですよ、、、

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する