プロフィール

プロフィール写真

氏名:原田達矢
資格:柔道整復師(国家資格)

この仕事を始めたきっかけ

僕は大阪の岸和田というところで育ち、学生時代はずっとサッカーをして過ごしていました。

高校で進路を決める時になって、いろいろ考えたのですが大学へは行かず、専門学校に入学してこの業界に進むことに決めました。

しかし、僕は幸か不幸か10年以上サッカーをしていて、 大きな怪我をしたことがありませんでした。 (念のために言っておくと真面目にはやっていました)

なので、病院や治療院にお世話になったことがなく、 この業界がどんなものかも知りませんでした。

その時は「人のためになるし、やりがいもありそうかな♪」 と、非常に軽い気持ちで進路を決めたと思います。

それは非常に浅はかな決断でした、、、

専門学校に入学すると、整骨院で見習いのような形で働きながら、学校に通い勉強を続けました。

朝から整骨院で働き、昼間は専門学校に行って勉強。そしてまた夕方から整骨院で働く。といった感じで、最初は仕事を覚えるのと、学校の勉強だけで精一杯でした。

ところが、無事に専門学校も卒業して、国家試験にも合格し、仕事に慣れ始めてくると、徐々に「なんか違うな…」という感情が芽生えてくるようになりました。

そして、その感情は日に日に大きくなっていきました…

というのも、僕が働いていた整骨院は、、、

保険が効くマッサージ屋さん」といった状態で、治療とは名ばかりのマッサージを流れ作業のように繰り返す毎日でした。

喜んでくれるのは、慰安目的で心地よくマッサージを受けたい人だけ、、、

その時は楽になっても、またすぐに元に戻ってしまう人が多く、「本当に困っている人」のちからになることはできませんでした…

そんな毎日が続くと、「何かやりたい事と違うなぁ…」「やり甲斐もないし…」と、考えるようになりました。

最初は自分が働く整骨院だけがそうなのかと思ったのですが、他の人の話を聞いたりするうちに、「どこの整骨院も多少違うだけで、そう大きく変わらない」ということが分かりました。

それはこの業界全体の問題でした。何とも面白くない、やりがいのない仕事…

当時20歳を過ぎたばかりだった僕は、漠然と今の若いうちに違う仕事に転職しようかと考えるようになりました。

最先端骨格矯正との出会い

そんな時に、現在もお世話になっているメンターの方とご縁があり、「最先端骨格矯正」という治療法と出会いました。(この人には今もとても感謝しています)

この治療法は、矯正前にレントゲンを撮り、一人ひとり丁寧にレントゲンで骨格の歪みを分析して、それから治療を始めていく、という画期的なものでした。

それまでは、触診や可動域検査だけで矯正をしていたので、「レントゲンで骨の歪みを確認する」というのは聞いたこともありませんでした。

最初はレントゲンの見方もわからないし、勉強についていくだけでも大変…

それでも、僕は最先端骨格矯正を学ぶ中で、体に現れる「痛み」や「しびれ」のほとんどは、骨格の歪みに原因があるということが分かってきました。

それと同時に、なぜ今までマッサージやストレッチでは、根本的な解決にならなかったのかも、思い知りました、、、

今まで良くならなかった理由

それは、原因の根本を解決できていなかったからです。

整体やマッサージ、ストレッチなどの表面的な対症療法では、ただ単に痛みを紛らわせているだけで、もっと根本にある骨格の歪みは、まったく元に戻っていなかったのです。

それは、レントゲンを見ても明らかでした。

そして、実際にこの治療を自分で取り入れてみると、今まで完治させることが難しいと思っていたような、重い症状の人が次々と良くなっていきました。

  • 偏頭痛が治らないのも…
  • 耐えられないほどの肩こりも…
  • 腰痛がクセになるのも…
  • ヘルニアのしびれがとれないのも…

すべて、「骨格の歪み」が元に戻っていない。という単純な理由でした。

今だから言えます

脳や心臓に病気があるとかいう場合を除いて、「痛み」「しびれ」の原因を辿りたどっていけば、結局のところは「骨格の歪み」に行きつきます。

頭痛、首の痛み、肩こり、腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛などの症状も、「どこの骨が、どう歪んでいるか?」という違いでしかありません。

そして現在

そんな経緯もあり、「本当に困っている人」「その場しのぎではなく根本的に治したい」という人のための、“原因治療の専門院”を作りたいと考えて、最先端骨格矯正を専門に行う現在のオフィスを開業しました。

ですので、うちの方針やコンセプトは、全ての人には理解してもらえないかもしれません。

もしあなたが、「原因なんてどうでもいいから、とりあえずその時だけ楽になればいい」と言うタイプの人なら、当院の治療は合わないでしょう。価値観が違います。

僕はご縁があって与えて頂いた「最先端骨格矯正」という治療法を使って、対症療法では良くならない辛い痛みで本当に困っている人のために、その問題を根本的に取り除くお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

僕の使命

まだまだ「骨格の歪み」が原因だと知らずに、困っている方がたくさんいます。

僕のように国家資格を持っている人間ですら、この治療法に出会うまでは知らなかったのですから、無理もありません。

なかには、「自分はこういう体質だから上手く付き合っていくしかない…」「この症状は持病だから…」と、半ば諦めているような方もおられます。

しかし、それらの問題のほとんどは、「骨格の歪み」が原因なのです。

『健康』は何よりも優先される、重要な資産です。

痛い所があれば仕事の効率も上がりませんし、心にも余裕がなくなって、他人を思いやる気持ちも無くなるでしょう。

充実した人生を送るために、『健康である』というのは、絶対に欠かせない要素です。

僕は、ご縁があってお越し頂いたクライアントの方に、「最先端骨格矯正」という治療法を使って、心身ともに豊かな生活を送っていただくための、お手伝いをさせて頂きたいと思っています。
ご予約はこちら