腕や手がしびれる3つの原因と頚椎を検査して根本的に改善する方法

腕や手がしびれる原因はさまざまです。

脳梗塞の初期症状から、手の使い過ぎによる手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐんまで多岐にわたりますが、その中でもとりわけ多いのは頚椎の問題でしょう。

腕や手の神経は首から出ているため、頚椎に問題が生じると腕神経叢わんしんけいそうという肩から先を支配する神経が圧迫されて、痛みやしびれが出てくるようになります。

とくに日頃から慢性的な首の痛みや肩こりを伴っている場合は、頚椎に問題がある可能性が高いですから、いちどレントゲンで首の歪みを確認するようにしてください。

腕や手がしびれる原因

首からは腕神経叢という神経の束が出ていて、これが5本の神経に枝分かれしながら、肩から指先までの運動と感覚を支配しています。

そのため、これらの神経がどこかで圧迫されると、その支配領域に応じた痛みやしびれが出るようになります。

腕がしびれている女性

肝心なのは「なぜ神経が圧迫されるのか?」ということなのですが、神経が首から出ているという構造上の問題で、頚椎が歪むと神経を圧迫してしまうことがよくあります。

とくに多いのはこれから紹介する三つのパターンですので、順番に見ていきましょう。

頚椎椎間関節症

首は椎骨というブロック状の骨が七つ積み重なってできており、そのそれぞれが椎間関節ついかんかんせつという関節で連結されています。

そのうちの首の椎間関節で炎症が起こるものを、頚椎椎間関節症けいついついかんかんせつしょうと呼びます。

椎間関節のすぐ隣には、椎間孔ついかんこうという腕神経叢が通る穴が空いているのですが、椎間関節に炎症が起こることで、神経を刺激して痛みやしびれを出すことがあります。

なお、椎間関節に炎症が起こる原因は、年齢のせいだと言われているのですが、実際には頚椎の歪みが影響しています。

頚椎椎間関節症,バリアブル,レントゲン

本来、首を正面から見た場合は、すべての骨が一列にそろっているのが正常な状態です。

しかし、上のレントゲンのように首に捻じれが生じると、頚椎を連結している椎間関節に負担が掛かるようになります。

関節に負担が掛かると炎症を起こすようになりますし、頚椎が捻じれると関節の噛み合わせも悪くなりますから、腕神経叢が通る椎間孔が狭くなって神経を圧迫するようになり、腕や手のしびれが出てきます。

このような方はふだんから首に負担が掛かっていたり、首の血流が悪くなっていることが多いですから、腕や手のしびれ以外にも首の痛みや肩こり、頭痛に悩まされている傾向にあります。

頚椎椎間板ヘルニア

腕や手のしびれでイメージしやすいのは、首のヘルニアではないでしょうか。

頚椎を構成する椎骨の間には、椎間板というゼリー状のクッション組織があります。この椎間板が正常な位置から飛び出し、近くにある神経根を圧迫したものが頚椎椎間板けいついついかんばんヘルニアと呼ばれます。

頚椎椎間板ヘルニアの原因も、関節や椎間板の老化だと言われているのですが、こちらにも骨格の歪みが関わっています。

頚椎椎間板ヘルニア,首の歪み,レントゲン

先ほどと同じように首を正面から見た場合は、すべての骨が一列に並んでいるのが正常な状態です。

しかし、上のレントゲンのように首が「くの字型」に折れ曲がってしまうと、椎間板にまっすぐ圧力が掛からなくなり、ひとつの椎間板のなかで圧力の高い場所と低い場所ができてしまいます。

ひとつの椎間板のなかで圧力の不均衡が起きると、椎間板が圧力の高い方から低い方へと押し出されるように飛び出すので、近くにある神経根を圧迫するようになります。

椎間板ヘルニアに関しては、こちらのページでさらに詳しく解説しています。

変形性頚椎症

首の骨が変形する変形性頚椎症へんけいせいけいついしょうも、腕や手がしびれる原因となります。

頚椎のなかには脊髄せきずいが収まっており、腕神経叢はそこから枝分かれしたあと、肩から腕に伸びていきます。

頚椎が変形すると骨棘こつきょくと呼ばれる骨のトゲができてしまいますから、それが脊髄や腕神経叢の神経根に当たると、神経が圧迫されて痛みやしびれが出るようになります。

ちなみに、変形性頚椎症の原因も加齢だとされていますが、実際は頚椎の歪みが影響しています。

変形性頚椎症,骨棘,レントゲン

頚椎の役割のひとつは、上に乗っている頭の重みを受け止めて体の中心で支えることで、横から見ると前方にカーブしているのが正常な状態です。

このカーブが適度にしなることで、クッションのように頭の重みを受け止めて吸収しています。

しかし、頚椎が歪んでカーブがなくなると、クッションが効かなくなって自分の頭の重さを受け止めきれなくなり、負担が掛かっている関節から変形し始めます。

病院でレントゲンを撮ったときに、ストレートネックと言われたことがあるのなら、頚椎のカーブがなくなっているということですね。

関連記事

原因を検査して根本的な治療をはじめましょう

腕や手のしびれで医療機関に掛かると、「年齢のせい」「老化」「加齢」の一言で片付けられてしまうことが多いのではないでしょうか。

しかし、原因をひとつひとつ紐解いていくと、単純に年齢だけの問題という訳ではなく、骨格の歪みが関わっていることが分かります。

骨格は体を支えるだけでなく、背骨の中に脊髄を格納して保護していますから、それが歪むと構造的な問題が起こって、関節や神経の機能にも影響を与えるからです。

頚椎正面,レントゲン,プレポス
頚椎側面,レントゲン,プレポス

その際は、骨格の歪みを矯正して構造的な問題を解決すれば、神経の圧迫が解除されて痛みやしびれも改善していきます。

薬やマッサージで対症療法を続けていても根本的な解決にはなりませんから、いちどレントゲンを撮って頚椎の歪みを確認してみましょう。

Reservation

ご予約はこちらから

薬や手術に頼らない原因療法
  • 原因が分からない症状で困っている
  • 科学的に根拠のある施術を受けたい
  • その場しのぎではなく根本的に改善したい

という方は、こちらからご予約ください。

この記事を書いた人

icon

オフィス カロマ

レントゲンを用いた画像分析に基づいて、骨格の歪みを取り除いていく最先端骨格矯正を専門におこなっています。
当サイトでは、骨格が歪むことで体に起こる問題や症状について解説しています。