手のしびれは骨が神経を触ってるのが原因なのに、そんな治療をしていて大丈夫?

タイムリミット

From:原田達矢

以前、30%の人が手遅れ!?『頚椎症』の本当の原因と治療法とは?っていう記事を書きました。

頚椎症の治療にはタイムリミットがあるので、手遅れになる前にさっさと治療を受けてくださいね! って感じの記事です。

っていうのも、うちでは頚椎症の人に新規で来てもらっても、3割ぐらいは治療をお断りしているような状態です。

骨が神経に触るのって骨が歪んでいるのが原因なんですけど、あんまり長いこと放ったらかしにしていると、骨が潰れて変形してしまって、元に戻せなくなるんですよね。

ちなみに、これって『原因はわかってるけど治す方法がない』っていう、まあまあ絶望的な状況です。

頚椎症で首が痛くても、めっちゃ手がしびれてても、死ぬほど辛いだけで死ねはしないです。

それこそ死ぬまで整体とか整骨院に行って、死ぬまでその場しのぎ的に対症療法を続けることになります。

ですので、この記事ではすでに骨が神経に触ってしまっているあなたのために、そんな悲惨なことになる前にもう少し詳しく解説していこうと思います。

もしあなたが頚椎症で手がしびれていたり、首の後ろを触ったとき吐き気やめまいがするような症状があるのなら、最後まで読んでみてください。

まずはざっくりと頚椎症の原因を解説

 

背骨の中っていうのは、首から腰まで『脊髄』っていう神経の大本みたいなのが、ずっと骨に添って通っています。

骨棘,骨の変形,頚椎症

そして骨棘っていう変形した骨のトゲや、変性して潰れた椎間板や靭帯が、脊髄に当たって神経を圧迫したのが『頚椎症』って言います。

頚椎症は「こり」とかそんな簡単な問題じゃなくて、骨や靭帯、椎間板が物理的に神経を触っているのが原因

頚椎症に関しては、こうやって組織や骨が物理的に神経に当たっているのが原因なので、この接触を取り除く以外に改善の方法はありません。

なので、頚椎症だと診断された場合は、のんびり整形外科やら整体に行って、牽引やマッサージをしている場合ではありません

『いつか治るかな~』と思って、そんなことをしているうちに頚椎の変形が進んで、頚椎症が悪化してしまいます。

具体的に言うと、頚椎症の人の体の中では、こんな感じで骨が神経に触っています。

頚椎症,骨が神経を触っているレントゲン

ちょっと雑なんですけど、実際にレントゲンで見てみると、こんな感じで首の骨のすぐ後ろに脊髄が走っています。

もちろん頚椎にとくに問題がなければ、脊髄もスムーズに骨の側を通れます。

ところが、右のレントゲンみたいに骨が歪んで変形してしまうと、変形した箇所を通過するときに骨と脊髄が接触してしまいます。

すると、あとは神経を触る強さとか場所によって症状は変わるんですけど、手がしびれてきたり、首に激痛が出てきたりするわけですね。

顔を上に向けたり、首の後ろを触ったときに、手のしびれがきつくなったり、吐き気・めまいが出てくる人は要注意!

頚椎症の人で上を向いたときに手のしびれがきつくなったり、首の後ろを触ったときに吐き気やめまいが出てくる人はいませんか?

っていうのも、首の骨が変形している人は骨が引っかかってうまく曲がらないし、無理に上を向こうとすると脊柱管っていう脊髄の通路が狭められてしまいます。

頚椎症,上を向く,骨が神経に触る

そうすると、上を向いたときに神経の圧迫がきつくなり、これらの症状が強くなることがあります。

ちなみに美容室とかで仰向けに寝てシャンプーをしてもらうときに、首が痛んだり、手がしびれたりする人は、こんなになっている人が多いですかね。

あとはただでさえ神経が圧迫されているのに、首の後ろが痛いからってグイグイ押してしまうと、圧迫がきつくなり吐き気やめまいがでてくることもあります。

こんな症状がある場合は頚椎症が進行していて、レントゲンを撮ってみると状態が悪化している場合が多いです。

頚椎症の進行を止めるためには、早く正しい治療を選択しましょう

ぶっちゃけ、一回変形してきた骨を元の形に戻す方法はないです。

でも早く首の歪みを矯正して、変形している箇所に掛かっている負担を取り除いてあげないと、どんどん変形が進んで神経の圧迫が強くなります。

骨の変形は加齢よりも『歪み』の影響が大きい

あなたは頚椎症になって骨が変形してくるのを、『年齢のせい…』だと思ったりしていませんか?

病院でもそのような説明をされることが多いし、そう思い込んでいる人が多いのも無理はないのですが、、、

頚椎症みたいに骨が変形してくるのって、歪んだ骨に負担が掛って崩れてくる。 っていうのがそもそもの原因です。

っていうのも、首の骨って全部で7つあるんですけど、加齢が原因だったら7つ全部いっしょに変形してくるはずなのに、変形してくるのってせいぜい2~3つぐらいなんですよね。

頚椎症,変形,原因

7つ全部変形しているレントゲンなんて、ほっとんど見ないですからね。

一部だけ変形してくるってことは、そこにだけ変形を引き起こす原因があるんですよね。

だから歪んだ骨をそのままにしていると、頚椎症がどんどん進行していくので、初期のうちに正しい治療を受けて、進行を止めるのは大切なんです。

歪んだ首の骨を矯正して、頚椎症の進行を止める

一度変形した骨って、削ることもできないし、元に戻す方法はないんですが、、、それでも矯正をして元の位置に戻すのは非常に重要です。

なぜなら、歪んだ骨を元の位置に戻すことによって、脊髄の通り道を塞いでいた骨をどけることができるからです。

頚椎症プレポス

そうすることにより、脊髄の圧迫が解除されて、手のしびれなどの神経症状が消失していきます。

頚椎症って体の中を覗いてみると、歪んで変形した骨が、物理的に脊髄に当たってしまっているのが原因なので、のんびり首の牽引治療やマッサージをやっている場合ではないんですよね。

それに、あんまり放置していると、骨の変形が進みすぎて、矯正治療をしてもしびれがとれなくなるので…

最後に

一度変形した骨は元に戻らないので、変形がまだ軽度な初期のうちに、矯正治療をして進行を止めてしまうのが正しい方法だと思います。

ちなみに、常時手にしびれが出てくるようになって、1〜2ヶ月以上経ってから矯正治療を始めても、頚椎の変形が進んでしまってしびれがとれないことが多いです。

それこそ『原因はわかっているけど、治す方法がない』ってことになるので、整体とか整骨院に行って気休めにその場しのぎの対症療法をするしかなくなります。

うちで治療をお断りする3割の人も、『何でこんなんなるまで放ってたん?』っていう人がほとんどですしね。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する