完治までの期間は?頚椎症性神経根症の治療法とやってはいけないこと

頚椎症性神経根症,アイキャッチ

From:原田達矢

首の痛みや腕から手のしびれで病院に行くと、「頚椎症」と言われることがあります。

とくに片側の腕や手に限定して痛みやしびれが起こる場合は、頚椎症性神経根症と診断されることが多いはずです。ちなみに読み方は、「けいついしょうせいしんけいこんしょう」と読みます。

首の骨や椎間板の変性が原因で、手にいく神経根が圧迫されてしまい、その神経の支配領域に症状が現れるのですが、治療法は保存療法でようすを見ながら痛みが引くのを待つのが一般的です。

しかし本当は、頚椎の変形という疾患の性質から、変形を止めてしまわないと悪化を続けるだけなので、ようすを見ている場合ではありません。

リリカやマッサージでその場しのぎをしているうちに、手遅れになることも十分考えられることなので、頚椎症性神経根症の詳しい解説と治療法についてご紹介します。

頚椎症性神経根症とは

骨と神経の関係をかんたんに説明すると、脳から脊髄せきずいと呼ばれる一本の太い神経が、脊柱管と呼ばれる背骨の中の空洞を通って下りてきます。

椎間孔と脊柱管

今度はそれを各部位へ届けるために、椎間孔という横穴から神経根が枝分かれして伸びていくような構造になっています。

頚椎症性神経根症は、その神経根が首から出ていくときに、変形した頚椎(首の骨)に圧迫されるために起こります。

頚椎症性神経根症の症状

頚椎症性神経根症は40~50代の人に多い疾患で、圧迫を受けている神経の支配領域にそって、片側の腕から手にかけての痛み・しびれが出てくるのが特徴的な症状です。

それに頚椎自体の変形ありますから、首の痛み、肩こり、肩甲骨周辺にも痛みが出ていることが多いはずです。

症状の程度は、神経圧迫や炎症の強さによっても変わるので、ちょっと手に違和感がある程度の人から、腕が痛くて夜も眠れないような人までさまざまです。

背中の痛み,こり,首の痛み,頚椎症

痛みやしびれ以外にも、神経伝達が悪化して手が動きにくくなったり、握力が低下して力が入りにくくなることもよくあります。

また神経以外にも血管が圧迫されますから、腕の血流が悪くなってうっ血し、むくみが出てくる人もいます。

治療法の第一選択としては、それで治るかはべつとして保存療法で経過を見ながら、痛みが引かない場合は神経にブロック注射を打って、痛みをまぎらわせることが多いでしょう。

それでも改善がみられなくて、仕事や日常生活が困難になってくると、最終的には手術となります。(手術でも痛みが取れないことが多いので、あまりお勧めはしませんが…)

頚椎が変形する原因

頚椎症性神経根症で痛みが出る理由は、変形した骨が神経を触っているからですが、なぜ骨の変形が起こるのか? というそもそもの問題を解決するのが大切です。

そうでないと、神経を圧迫していることが分かっても治療法がないので、結局はマッサージや牽引、リリカなどの痛み止めを飲んで、その場しのぎを繰り返すことになってしまいます。

頚椎症の原因は加齢ではない

病院などでも頚椎の変形は、加齢によるものと言われますが、実際は違います。

首の骨は7個あるのですが、たいていは頚椎症でも変形をしている骨は、一個か二個ぐらいのものです。

老化は間違い

でも加齢が原因だとしたら、7個の骨で同時に変形が進んでいないとおかしいと思いませんか?

実際に7つの骨すべてで変形が起こっている人もいないことはありません。

しかし、一部の骨に限局して変形がみられるというのは、加齢以外にも変形している骨にだけ負担をかけている理由があるからで、その原因は首の歪みです。

一部の骨のすき間だけ狭くなる理由

首を横から見ると、顔の方を向いて頚椎がカーブしていて、その上に頭を乗せて支えるような構造になっています。

人間は二足歩行ですから、体を横にして寝ているとき以外は、立っていても、座っていても、歩いていても、このように首の上に頭を乗せて支え続けなければいけません。

そこでこのカーブは、ボウリングのボールほどもある頭の重さを、うまく分散しながらバランスよく支えるための、クッションのような役割をしています。

変形性頚椎症のレントゲン

しかし首のカーブがなくなると、頭の重さを分散できなくなって、歪んでいる一部の骨に負担が集中するようになります。

その結果、負担にさらされ続けた骨は変形がはじまってきて、荷重が集中している骨のすき間がだけが狭くなっていきます。

ちなみに、事故でもないかぎりいきなり骨が歪むことはありません。

頚椎症が中高年に多いというのも、若い頃から歪んでいた骨の形が少しずつ崩れてきて、やがて神経を圧迫するほど変形が進行してきたからです。

頚椎症性神経根症のときにやってはいけないこと

骨の変形が原因なので治療法はかぎられますが、やってはいけないことは結構あります。

ストレッチ

骨が変形して椎間板が薄くなっているときに、ストレッチをすると確実に悪化するのでやらないようにしましょう。

首のストレッチをおこなうためには、首を大きく倒す必要がありますが、その動作は関節への圧力を高めて椎間板を押しつぶし、骨の変形を助長させてしまいます。

ときどきストレッチを万能な体操のように考えている人がいますが、そもそもストレッチは筋肉の柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げるためにおこなうものです。

首のストレッチ

ストレッチをしても骨のすき間が広がることはありませんし、骨の歪みが戻るようなこともありません。

それに首のストレッチは、椎間板ヘルニアを誘発する典型的な動作ですから、お手軽ではありますが悪化するリスクが高いです。

腕や手に痛みが出ているときにやるようなものではありませんから、絶対にやらないようにしましょう。

首の牽引治療

首の牽引治療も、効果もなければエビデンス(根拠)もないわりには、悪化のリスクが高すぎるのでやらないようにしましょう。

牽引治療をおこなうときには、器具をアゴに引っ掛けて首を引っ張るのですが、人間の関節は引っ張られることを想定しては作られていません。

なんとなく、引っ張ったら少しぐらいは骨の間隔が広がりそうな気もしますが、気がするだけでまったく広がることはありません。

頚椎牽引

それどころか、強い力でグイグイ引っ張ると関節に負担がかかるので、むしろ関節がボロボロになって変形が進行します。

いまどき、頚椎症の治療に詳しい病院や、大きな病院では牽引治療なんてしませんから、首を引っ張られそうになったら「あ、大丈夫です」と言って、逃げて帰ってきましょう。

保存療法

保存療法とは手術をせずに、運動、体操、ストレッチ、マッサージなどで経過を見ながら症状の改善を待つことをいいます。

それで仮に神経根の炎症が治まれば、痛みやしびれが緩和されていくことはあります。

しかし保存療法の問題点は、根本的な原因が取り除かれているわけではないので、何かのきっかけでまた神経根に炎症が起これば、症状も再発してしまうことです。

それに保存療法を続けていても、いつになれば頚椎症性神経根症が完治するのか、という期間は誰にも分かりません。

悩む医師

腕がしびれていれば仕事にも支障があるでしょうし、いつ治るか分からない痛みに耐えながら待つのは辛いものがあるので、あまりおすすめではありません。

というか、これを言ってしまうと元も子もありませんが、頚椎症のおもな原因は首の歪みです。

ようすを見ていても良くなることはありませんから、保存療法と言えば聞こえはいいかもしれませんが、やっていることは放置といっしょですよね。

放置している間にも、首の変形はどんどん進みますから、症状もそれとともに強くなっていくでしょう。

治療ができる期間内に首の歪みを矯正しましょう

頚椎の変形を止めるには、歪んだ骨を矯正して配列を元に戻してしまうしかありません。

歪みが戻れば首にかかっていた負担が分散されるので、首の痛みや肩こりも改善されますし、頚椎の変形をくい止めることが出来ます。

頚椎症治療効果,プレポス

さらに骨の配列が戻ることによって、狭くなっていた椎間孔が広がりますので、神経根の圧迫がなくなって痛みやしびれも解消されるでしょう。

頚椎の変形が進みすぎると完治はできない

うちでは矯正治療を専門にやっていて、その適応範囲は広く効果もほかの治療法とは比べ物になりませんが、何でもかんでも治せるわけではありません。

頚椎の変形が進むと、椎間板が極端にうすくなって、骨のすき間が狭くなってしまいます。

そうなると関節の柔軟性が失われてしまいますから、矯正をしても骨が動きにくいです。

それに、たとえ骨が動いたとしても一度狭くなった骨のすき間は広がらないので、物理的に椎間孔が狭くなったままになって、神経根の圧迫が取れないですからしびれが残ってしまいます。

変形した頚椎がくっついたらアウト

それでも放置していると、最終的には変形した骨が完全につぶれてしまって、骨同士がくっついてしまいます。

くっついてしまうと矯正をしても骨はまったく動かないので、症状もまったく変化がありません。

癒合サンプル

こうなると「原因は分かっているけど、治す方法がない」という、なかなか最悪な状態になります。

それこそ、一生治らない痛みを抱えたまま、マッサージや痛み止めなどの対症療法をおこないながら、痛みをごまかして生きていくしかありません。

いまこの記事を読んでいる間にも骨の変形は進んでいますから、レントゲンやMRIなどで頚椎の変形が原因で神経を圧迫していることが分かったら、できるだけ早く矯正をして悪化を食い止めるのが大事です。

まとめ

痛みやしびれが出てくると、どうしてもその症状に意識が行きがちですが、それは本質的な問題ではありません。

痛みを取るだけならブロック注射でも十分かもしれませんが、体の中ではもっと大変なことが起こっています。

神経根を圧迫して腕や手に痛みやしびれが出ているのなら、自分でどうにかできる段階はとっくに過ぎていますし、ようすを見ていても改善する見込みはありません。

手遅れになる前に、適切な処置をおこないましょう。

無料レポートのダウンロードはこちら

  • 病院に行っても痛み止めかシップを出されるだけ…。
  • 整体や整骨院に行っても楽になるのはその時だけ…。
  • このまま一生治らなかったら困る…。

無料レポートダウンロード

こんなことを少しでも思ったことがあるあなたのために、当院ではその理由を公開した特別レポートを無料でプレゼントしています。

無料でレポートをダウンロードする

ご予約はこちらから

当院では症状の原因となっている骨格の歪みに対して、レントゲンを使って科学的に分析をしながら矯正をおこなっていきます。

そうすることで根源の問題を突き止めて取り除くことができるので、その場しのぎではなく根本からの改善が可能になります。

さらに症状の原因が明確になることで、「自分の症状はどうすれば治るんだろうか…」という悩みが一気に解消し、自分の体に対する将来の不安もなくなります。

最先端骨格矯正,治療風景

もしあなたが原因が分からないつらい症状でお困りでしたら一度ご相談ください。

詳細を確認する